星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が…… | RBB TODAY

星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……

ライフ グルメ・食品

星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
  • 星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
  • 星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
  • 星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
  • 星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
  • 星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
  • 星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が……
外を歩くとふっと記憶の扉を叩く金木犀の香りに、ぁあ今年も季節が巡ってきたのだなと思う今日この頃。

読者の皆様にも、そしてオソサキにも、少なくない何十回目かの秋がやってきました。

秋はいいですよね。だって、「最近食欲が止まらなくて」って言うより、「最近“秋の食欲”が止まらなくて」って言った方が何とな~く、心なしか怠惰感が無くなって、「あーわかるわかる」って言う生暖かい同意を得られる率が高い気がしますので。

因みに人間は冬眠をしないので「冬支度かなっ、テヘへペロ」とか言ってる女子にはきつく「だから熊さんみたいなんだね」と言ってやりましょう。

ご挨拶が遅れました。
どうも、食レポライターのベアーこと、オソサキカイです。

皆さんは最近街でよく見かける『星乃珈琲店』さんをご存じですか?
実はこのお店、“スフレパンケーキ”と言うパンケーキを売りにしているお店の一つらしいので、今回は星乃珈琲店さんに早速秋の食欲を満たしに、足を運んでみました!

とある休日の夕飯時にオソサキが新宿アルタ店の星乃珈琲店に行ってみると既に超満席で店内に入れず、場所を移動して近くの新宿3丁目店に行ってみると、先ほどより更に多くの待ちのお客さんで、入り口はごった返し。

夕飯時にコーヒーショップ??と思ったオソサキでしたが、それもそのはず、星乃珈琲店はコーヒーとパンケーキだけでなくパスタや窯焼きカレーなど豊富なメニューで食事ができる。だからどの時間帯にもニーズがあり、これも人気の理由の一つなのでしょう。

仕方なく別で夕食を済ませ、10時頃にもう一度お店に戻ってくると、入り口の席だけ1つ空いていて、ようやく入ることができたのでした。

星乃珈琲店はお店によって閉店時間やラストオーダー時間が異なるため、ギリギリに行く時は予め調べておく方がいいでしょう!
そして星乃珈琲店の秋のおすすめメニューがこちら!



あの時、お店に入れていれば、間違いなくスフレドリアを注文んでいたのに・・・
そう思いながら、『栗のスフレパンケーキ』を見ると、シングルが880円、ダブルが1080円と選べたので、迷わずダブルをチョイス!因みに+400円でドリンクセットを付けられます。

注文時、焼き上がりに20分かかると言われたのも、パンケーキ界では常識の範疇。



でてきた『栗のスフレパンケーキ』はそれはもう、柔軟剤のCMに出てくるバスタオルの様に分厚くふかふかで、その上にマロンクリーム、中には生クリームと冷たいアイスが隠れている!この厚みのダブルは一口ではいけないボリューム!



中心部は温かいパンケーキに冷たいアイスが染み込み、なかなか面白いテイスト。オソサキはこのパンケーキはケーキのスポンジのようだと感じました。上に乗っている濃厚なマロンクリームや生クリームと食べることで、マロンケーキを食べているような感覚!
ただ一つ、そう考えると少しテイストに物足りなさも感じる。
マロンケーキならもっとモンブラン部分が欲しいし、今回オソサキはダブルを頼んだが、パンケーキ自体は甘さも控えめなので、パンケーキとマロン部分の割合が帳尻合わない。つまり大盛りご飯に唐揚げ3個状態である。まぁでもモンブランはまったりと濃厚で栗の味がしっかりしているし、パンケーキはスポンジのようにふかふかで他のパンケーキ屋さんとは一味違ったテイストも気に入り、いつも通りきれいに完食して、この写真を撮った直後、事件は発覚。



テーブルには何やら色の濃い瓶が・・・コーヒーのリフィルかな??と一瞬思ったが、そんなわけあるかーい!!!
ぁあ、聞こえてくる、聞こえてくるよ。私を罵倒する声が・・・・
ちーがーうーだーろーーーー!!ちがうだろぉぉぉぉぉぉ!!パンケーキ専用のシロップだろおおおお!!!このはげーーーー!!!!!



何かあと一歩もの足りなさは感じていたのはこれだったのですね。
上のモンブラン部分とパンケーキのそれぞれはとても美味しいのだけど、シンクロ率が低く、一つの個体となりきれていない感じ。
でも今ならその正体がわかります。このシロップはエヴァンゲリオンで言うL.C.Lと言う液体、つまりリンク・コネクティッド・リクィッドなのです!
だって、このパンケーキの生地はシンジ君のように繊細で、このシロップがたっぷりと染み込んでこそ、モンブランと結合し、「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ!!」となる訳です。使徒と戦える訳です。凄いことです。
でも、シロップなしでこんなに魅力的なパンケーキなのだから、シロップありは想像を絶する美味しさであること間違いありません!こうなってしまったからには想像するしかない、後の祭り。完全体が食べられなかった悔しさはありますが、これはもう一度リベンジしたくなりました!だって絶対美味しいもん!目玉焼きに醤油かけるか、かけないか位違うもん!



目玉焼きにはソースの方もいらっしゃることでしょう。しかし調味料が何であれ、鍋にはポン酢、ハンバーグにはデミグラスソース、パンケーキにはシロップ、オソサキには失敗が付き物です。
皆さんは是非、このL.C.Lシロップをかけて召し上がってみてくださいね!


ライター:オソサキカイ
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top