『夜は短し歩けよ乙女』がグランプリ!湯浅監督「乙女が、世界をも歩いています」と喜び | RBB TODAY

『夜は短し歩けよ乙女』がグランプリ!湯浅監督「乙女が、世界をも歩いています」と喜び

エンタメ 映画・ドラマ

(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
  • (C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
 アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』が、20日~24日までカナダのオタワで開催されたオタワ国際アニメーション映画祭で、長編部門でグランプリを受賞した。本映画祭長編部門でのグランプリは日本作品、日本人監督としては初の受賞。

 湯浅政明監督は「4年前、短編『キックハート』でオタワを訪れたのはとても良い思い出となっています。そんなオタワで賞をいただけるなんて、とても光栄です。おめでとうスタッフの皆さん! キャストの皆さん! 更に多くの人に見てもらえれば、とてもうれしい! 京都の街を歩く乙女が、世界をも歩いています」 と喜びのコメントをよせている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top