金曜ドラマ『コウノドリ』でメンノンモデルの宮沢氷魚が俳優デビュー | RBB TODAY

金曜ドラマ『コウノドリ』でメンノンモデルの宮沢氷魚が俳優デビュー

10月13日よる10時スタートの金曜ドラマ『コウノドリ』に、「MEN'S NON-NO」モデル・宮沢氷魚の出演が決定した。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 10月13日よる10時スタートの金曜ドラマ『コウノドリ』に、「MEN'S NON-NO」モデル・宮沢氷魚の出演が決定した。

 同ドラマは、講談社「モーニング」で現在も連載中の鈴ノ木ユウが描く同名のヒューマン医療漫画が原作。2015年10月期にTBSでドラマ化され、産科医療の現場をリアルに描いたが、今回はその新シリーズとなる。

 前作に引き続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じるほか、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋らオリジナルメンバーが 引き続き出演することも決定。今回、新キャストとして宮沢が新しい風を吹き込む。

 宮沢は、いまや人気俳優の登竜門ともいえる「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして現在活躍中。先輩メンノンモデルの坂口は前作で連続ドラマデビューを果たしたが、宮沢は同作で俳優デビューを飾る。宮沢が演じるのは、ペルソナ総合医療センターの産科をスーパーローテート中の前期研修医・赤西吾郎。 赤西産婦人科の息子で、事あるごとに同じ“ジュニア”である四宮(星野源)から愛ある鞭を受ける。親と同じ産婦人科医になることに抵抗もあり、どの科を選択するのか決めかねているという役どころだ。先輩 産婦人科医・四宮とのバトルのような掛け合いも見どころとなる。

 宮沢自身も父はアーティストで元「THE BOOM」の宮沢和史という“ジュニア”。そんな宮沢は“ジュニア”であることに「共感できる」と語る。初のドラマ出演に挑むにあたり、父・和史にもアドバイスをもら ったという宮沢が扮する赤西吾郎に注目だ。金曜ドラマ『コウノドリ』はTBS系列にて10月13日よる10時スタート。
《KT》

関連ニュース

特集

page top