有村架純、バラエティ番組への向き合い方を明かす「頑張らなくてもいいくらいが……」 | RBB TODAY

有村架純、バラエティ番組への向き合い方を明かす「頑張らなくてもいいくらいが……」

エンタメ その他

有村架純(撮影:編集部)
  • 有村架純(撮影:編集部)
 女優の有村架純が6日、バラエティ番組に出演する際の心境をInstagramで明かしている。

 バラエティ番組には映画やドラマなどの宣伝のために出演することが多い有村。作品を背負っての出演ということで毎回「よし! 頑張ろう! 喋るぞ!」と意気込んで出演するが、終わった後には「喋りすぎたかな」「出しゃばりすぎたかな」「大丈夫かな」「あぁ。ごめんなさい。ごめんなさい」といった気持ちでいっぱいになってしまうのだという。

 一方で、いつもと違う空間は「楽しい」らしく、「頑張ろ、と思うけど、頑張らなくてもいい、くらいが、ちょうど良かったりしますよね」と自分なりに見つけたバラエティ番組への向き合い方をつづった。

 ファンからは「バラエティの架純ちゃんもすきです」「いっぱいしゃべってー!」「バラエティは喋ってナンボですよ!」「架純ちゃんが出るの楽しみにしてるよ」などバラエティ番組での有村を応援するコメントが多く見られた。

バラエティーの収録を、色々とやらせていただくのですが、いつも、よし!頑張ろう!喋るぞ!と思いながら、「喋りすぎたかな」「出しゃばりすぎたかな」「大丈夫かな」と、終わった後の「あぁ。ごめんなさい。ごめんなさい。」という気持ちが止まらないわけなのです。心配性なもので。私、なんか変だったら、ごめんね。でも、いつもと違う空間で楽しいです。頑張ろ、と思うけど、頑張らなくてもいい、くらいが、ちょうど良かったりしますよね。てんやわんやしながらですが、勉強していきますそして、皆さん、コメントありがとうございました嬉しいなぁ。

kasumi arimura 有村架純さん(@kasumi_arimura.official)がシェアした投稿 -


《松尾》

関連ニュース

特集

page top