IKKO、亡き父との思い出を涙ながらに告白! | RBB TODAY

IKKO、亡き父との思い出を涙ながらに告白!

エンタメ その他
(c)TBS
  • (c)TBS
  • IKKO(撮影:野路敬生)
 2日放送の『サワコの朝』(TBS)にタレントのIKKOが出演。亡き父との思い出を明かした。

 姉二人と妹の間に長男として誕生したというIKKO。幼少期から自身が女であると信じて疑わなかったそうだが「父は全く男っぽい人だったんですよ」と父親からはたびたび、野球や釣りに連れて行かれたという。

 また、厳格な性格ゆえにIKKOが女らしい格好や振る舞いをすることを好まなかったそうで「病院に行ってこい」と病院での治療を受けさせようとするなど、当初はIKKOの女性らしさを反対していたのだとか。

 しかし、その後IKKOは美容室で8年間の修行を経て、ヘアメイクアップアーティストとして活動。IKKO流メイク術を確立するなど、その才能がテレビなどで取り上げられるようなり次第にタレントとしても活躍するように。

 そして、そんな多忙な日々を送る中で10年前、父親が肝臓がんで逝去。IKKOは父親の死に化粧を自らが施したことを明かし、メイクアップアーティストとして培った技術が活かされたことに「それはよかったなと思います」と涙ながらに語る場面も。

 父親との思い出を振り返りながら「父は父で心配してるし、父親としての威厳もあったんじゃないかなと思うんですけど」最後は自身のことを認めてくれ、厳しくも優しい父であったと告白。また、入院中には病院の看護師達にIKKOが自身の息子であると語っていたそうで、これについてIKKOは「そこは娘と言って欲しかった」と笑い明かしていた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top