だいすけお兄さん、今後の活躍は「線引きせず広げていきたい」 | RBB TODAY

だいすけお兄さん、今後の活躍は「線引きせず広げていきたい」

エンタメ その他

 28日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、NHK『おかあさんといっしょ』で2008年3月~2017年4月にかけて9年間もの間「うたのおにいさん」として活躍した、“だいすけお兄さん”こと横山だいすけを特集した。

 番組では7月9日スタートのドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ)の収録に緊張した面持ちでのぞんだだいすけお兄さんに密着。橋本環奈も出演する同ドラマだが、横山は台本の覚え方を共演の渡部篤郎に質問。渡部に「台本の上に目をつぶって手を置く」とジョークで返されたのを「本当ですか!」と信じてしまうなどおちゃめな面も映し出された。

 横山は今後は、「子どもの歌」というジャンルは軸として外さずに、ドラマやバラエティーなど「何かに線引するのではなくやってみてどうなんだろうっていう感覚で」様々なことにチャレンジしていきたいと意欲を見せ「イメージの脱却って言うよりも、今まで見てきてもらったいろいろな要素を、また違う世界に入ることで広げていけたら」と語った。さらに、新しいジャンルへの挑戦は楽しいながら「緊張もする」と口にしつつ「必死についてっている感じです!」と笑顔で現在の状況を明かした。

 横山が4月に開設したブログはすぐに読者10万人を超え、6月28日現在では15万人を突破している。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top