坂上忍、キンコン西野の収録退席はディレクターの「人柄の問題」 | RBB TODAY

坂上忍、キンコン西野の収録退席はディレクターの「人柄の問題」

エンタメ その他

坂上忍、キンコン西野の収録退席はディレクターの「人柄の問題」
  • 坂上忍、キンコン西野の収録退席はディレクターの「人柄の問題」
  • キングコング・西野亮廣【写真:鶴見菜美子】
 4日放送の『バイキング』(フジテレビ)で、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が番組ディレクターの質問に激怒し収録を途中退席した件について、坂上忍がコメントした。

 西野は途中退席の理由を、取材中ディレクターからの「今日の服装は意識高い系ですかぁ?」「お高くとまってんスかぁ?」など不快な質問が続いたからと自身のブログで明かしている。

 坂上は「ありがちと言えばありがちなんだけどね」と状況の想像がつく様子。「キャラ付けしてくるディレクターさんって結構いる」とテレビではよくあることだと語りつつ、裏方が「空気わかんなくて結構キャラ通りガンガンいったら、俺だったら蹴っ飛ばします」とあまりにも空気が読めない場合には怒ると示唆。今回の件は「限度の問題とか、最終的に人柄の問題だと思う」と質問者の礼儀を欠いた態度に問題があると指摘した。

 フットボールアワーの岩尾望も「芸人同士でやる分にはお互いわかってるからみたいなのがある」一方、それをディレクターなどが真似をすることには疑問を呈し、"いじり"は信頼関係があってこそ成り立つものだと主張した。

 坂上は、役者からタレントとして番組に出演するようになった自身の経験を振り返りながら「いい意味で色々な僕を引き出してくださろうとしてるのかな、ただそこは踏み込んじゃダメなことあるだろう」と不快さを感じ、自身も2度ほど退席した過去があると明かした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top