トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が7月28日公開決定!予告編やティザービジュアルも | RBB TODAY

トム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が7月28日公開決定!予告編やティザービジュアルも

エンタメ 映画・ドラマ

(C)Universal Pictures
  • (C)Universal Pictures
  • (C)Universal Pictures
  • (C)Universal Pictures
 1932年に公開され今もなお愛される映画『ミイラ再生』がこのたび、アクション・アドベンチャー超大作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(原題:The Mummy)』として新たに生まれ変わり7月28日から日本で公開となることが決定した。

 同作は2000年前の古代エジプトで生きながらにして棺に封印された女王アマネットが現代に目覚め、全ての人間たちへ復讐を始める物語。主演をトム・クルーズが担当し、女王ミイラと壮絶な戦いを繰り広げる。

 今回、日本公開決定と合わせて、最新予告映像と謎に包まれていた同作のティザービジュアルも解禁となった。予告編では「アドベンチャー魂はどこいった?」と投げかけながら地図を手に双眼鏡をのぞき込むトムのシーンから始まり、崩落した街の地面から合わられる古代都市と棺、墜落する飛行機、死から蘇るトム、そして人ならざる力をもってロンドンの街で人類への復讐を始める女王アマネット、古代エジプトと現代ロンドンを舞台に壮絶なアドベンチャーの様子が映し出される。また、女王の棺が見つかった場所が「お墓ではなく、牢獄」である理由、蘇ったトムに「君は生かされた 選ばれたのだ」と告げられた真相など謎めいたストーリー展開にも期待が膨らむ。

 また、ティザービジュアルには「そこには“邪悪が眠る”」というキャッチコピーとともに厳重に保管された古代エジプトの文字が刻まれた石棺が収められている。不気味な雰囲気をこれでもかと押し出したこのビジュアルにも注目だ。

 トムの他にも王女アマネット役を今注目の次世代女優ソフィア・ブテラ、物語の鍵を握るジキル博士役にはラッセル・クロウ、トム・クルーズとともに行動する考古学者にアナベル・ウォーリスら豪華俳優陣が名を連ねる同作は今夏公開予定だ。



(C)Universal Pictures
《松尾》

関連ニュース

特集

page top