鈴木奈々、デヴィ夫人を「尊敬する“リアクション芸人”」 | RBB TODAY

鈴木奈々、デヴィ夫人を「尊敬する“リアクション芸人”」

エンタメ その他

鈴木奈々(撮影:編集部)
  • 鈴木奈々(撮影:編集部)
  • 菊地亜美(撮影:編集部)
  • 鈴木奈々と菊地亜美(撮影:編集部)
  • 鈴木奈々と菊地亜美(撮影:編集部)
 「ファミコレ Amebaフェア」が16日、都内で開催され、特別ゲストとして鈴木奈々と菊地亜美が登場。コンビニにまつわるトークをしつつ商品アピールを行った。

 菊地がよく購入するものは調味料。「ホームペーティーするときに、賞味期限切れてたりするので買ったりします」。鈴木は「旦那さんに晩酌するときに、おつまみを買います。あとはパンツ買ったり。コンビニのパンツ大好きなんです」とコメントした。

 最近では共演することも多くなった2人。そもそもの出会いは、アイドリング!!!時代に菊地が渋谷109でギャルモデルをしていた鈴木奈々に「握手してください」と声をかけたことだったという。菊地は「私、もともと奈々ちゃんの大ファンだったんで」「まさか一緒に仕事をするようになるなんて」と当時を振り返り、鈴木も「(当時のことを)覚えてますよ」と話した。

 体当たりの番組に出る機会が多い2人。菊地はロケでイヤな仕事があると「奈々ちゃんはやったよ」とよく言われるようになったと話した。鈴木はリアクション芸人との仕事が多く、そんな人たちを尊敬しているとして次のように話した。「出川哲朗さん、上島竜兵さん。あと、リアクション芸人の……デヴィ夫人とか」と名前を挙げると、デヴィ夫人を入れたことに菊地が「その並びおかしくない?」とすかさずツッコミを入れた。しかし、鈴木はかまわず、「私はリアクション芸人だと思ってる。77歳であんな体はってくるおばあちゃんは日本に一人しかいない」と強調。菊地亜美にも負けないように体を張り続けていきたいと明かした。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top