吉岡里帆、指相撲にかける気迫が半端ない | RBB TODAY

吉岡里帆、指相撲にかける気迫が半端ない

エンタメ その他

吉岡里帆(撮影:編集部)
  • 吉岡里帆(撮影:編集部)
  • 吉岡里帆(撮影:編集部)
 ドラマ『カルテット』での悪女役が記憶に新しい女優の吉岡里帆が4日放送の『ザ・世界仰天ニュース 4時間スペシャル』(日本テレビ)に出演。指相撲に一度も負けたことがないと語り、実際に他の出演者と対戦する場面があった。

 「私の特技は、指相撲です」と口にした吉岡。「簡単に指相撲とは言いますけど、私今まで生まれてから、1度も負けたことありません」と誇らしげ。MCの中居正広やスタジオ一同はその自信たっぷりな吉岡の姿に驚き、さっそくヒロミと対戦することに。10秒ルールで指相撲はスタートしたが、瞬殺で吉岡の勝利。ガッツポーズをとった吉岡だが、ヒロミの親指をおさえる時に、肘を上にぐるりと回して押さえたため「なにこれ!ちょっと待って!」とヒロミからはクレームをつけられる一幕もあった。

 この勝利に味をしめた吉岡はその後滝沢秀明にも軽々と勝利。しかし、女性格闘家・RENAとの対戦は、まるで女性2人が取っ組み合いの喧嘩をしているような激しい接戦に。どうにかRENAの親指を押さえた吉岡は「12345678910!」とカウントすると床に崩れるように倒れ込み、顔を紅潮させて息を切らしながら激戦を制した。腕には自信があるRENAからは「真剣さに負けました」とコメントをもらった吉岡。強さの秘訣はその指相撲にかける"気迫"だったようだ。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top