本田望結、中川大志からメール返信もらえず「ああもう、もう終わりだ……」 | RBB TODAY

本田望結、中川大志からメール返信もらえず「ああもう、もう終わりだ……」

エンタメ その他

(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • 中川大志(撮影:竹内みちまろ)
 『家政婦のミタ』の子役時代からすっかり大きくなった本田望結。2日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ)に登場し、番組MCの上田晋也から、同ドラマで兄妹役として共演していた中川大志への恋心を指摘される場面があった。

 あの名子役だった本田も、今では中学生。女優業とともにフィギュアスケーターとして活躍し、学業と仕事、スケートにと手を抜かずに日々を忙しく過ごしていることを語ったが、そんな本田に中川がVTRでメッセージを送った。

 共演時はまだ小学校1年生だったという本田を、カンガルーのようにパーカーの中に入れて遊んでいたと懐かしそうに語った中川。本田から中学生になったという報告を兼ね、中川の高校卒業祝いのメールをもらったときには、本田がすっかり大きくなっていたことに衝撃を受けたと告白。「中学生になったので、変な虫がつかないか心配」と”兄"らしく語った。

 中川からのVTRを見た本田は、それまでリラックスして番組に臨み、何事も中途半端にはやりたくない、と落ちついて語っていたのから様子が一変。「めっちゃ緊張してきた、今の見て!」と顔を紅潮させてこのメッセージに大興奮。中川に卒業祝いメールを送ったものの、返事がひと月以上こなかったことを明かすと「ああもう、もう終わりだ……」と肩を落としていたと語ったが、返事が来たときには「終わりじゃなかった!!!」と「嬉しさが半端なかった」ことを告白した。

 上田はこの本田の興奮具合に、「いかんいかん……君は、恋をしているな?」とズバリ。本田は「それは無いです」とさらりと否定したものの、中川のメッセージを見てからは笑顔がおさえきれない様子。一方、本田は「変な虫がつかないか」の「虫」の意味がわからず「虫ってなんですか?」と上田に質問するなど中学生らしい一面も覗かせた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top