みやぞん、おバカキャラを隠していた過去を告白!憧れはダウンタウン浜田だった | RBB TODAY

みやぞん、おバカキャラを隠していた過去を告白!憧れはダウンタウン浜田だった

 天然なおバカキャラでブレイク中のお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん。28日の『アレがあるから今がある!』(フジテレビ)で、おバカキャラを隠していた過去を明かした。

エンタメ その他
 天然なおバカキャラでブレイク中のお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん。28日の『アレがあるから今がある!』(フジテレビ)で、元来のおバカキャラを隠していた過去を明かした。

 保育園からの幼馴染のあらぽんと高校卒業後にコンビを組んだみやぞんだが、ブレイク前は今とは全く違うキャラクターだったという。スタジオで流された当時のライブ映像の中で東京出身なのになぜか関西弁を操り、きつい突っ込みを入れているみやぞんに、驚きの声が上がった。

 みやぞんは「ダウンタウンの浜田さんに憧れまして」と場を仕切れるかっこいい芸人を目指していたことを明かした。おバカキャラは「コンプレックスだった。(性格的に)抜けてるのが嫌だった」と話したみやぞんだが、そのおバカキャラを伊集院光に見出され、「そのまんまでいいぞ」というアドバイスをもらったことで、プライドを捨て大ブレイク。みやぞんは「もし伊集院さんがいなかったら今の僕はいないと思います」と伊集院への感謝を口にした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top