小野賢章「ご褒美みたいな作品だと思います」――『劇場版 黒子のバスケ』舞台挨拶 | RBB TODAY

小野賢章「ご褒美みたいな作品だと思います」――『劇場版 黒子のバスケ』舞台挨拶

エンタメ 映画・ドラマ

小野賢章「ご褒美みたいな作品だと思います」――『劇場版 黒子のバスケ』舞台挨拶
  • 小野賢章「ご褒美みたいな作品だと思います」――『劇場版 黒子のバスケ』舞台挨拶
 大ヒット上映中の『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』の初日舞台挨拶が18日、新宿ピカデリーで行われ黒子テツヤ役の小野賢章、火神大我役の小野友樹、赤司征十郎役の神谷浩史、青峰大輝役の諏訪部順一、緑間真太郎役の小野大輔、黄瀬涼太役の木村良平、紫原敦役の鈴村健一、ナッシュ・ゴールド・Jr.役の緑川光、ジェイソン・シルバー役の稲田徹、多田俊介監督が登壇し公開を迎えての思いを語った。

 主人公・黒子テツヤを演じた小野賢章は、キャラクターとともに歩んできた6年を振り返り、「劇場版という形で最後を迎えられるのは、本当にありがたいこと。ご褒美みたいな作品だと思います」と喜びをコメント。「『黒子のバスケ』は僕にとって本当に大切な作品ですし、これからも大切な作品であり続けることは間違いありません。皆さんの中でも大切な作品にしていただけたら良いなと思っています」と呼びかけた。黒子とW主人公の火神大我を演じた小野友樹は「イベントやラジオなどもやらせていただき、みんなと『黒子愛』を育みながら歩いて来ました。(劇場版で)ここまで描ききってもらえて、作品も火神も本当に幸せだなと、あらためて思います」と、“黒子愛”に支えられた6年間を振り返った。

 赤司征十郎役の神谷は「原作通りのところで終わりたい方は、試合が終わったところで席を立つ。“『黒子のバスケ』と言えば黒子と火神だろう”という方は、2人のエピソードまで観て席を立つ。GRANRODEOのファンは、エンディングの歌を聴いてから席を立つのも良いですし、もう1人の主役でもある『キセキの世代』にスポットを当てて観たい方は、ラストシーンまで観る。そんな風に4種類の楽しみ方ができると思っています」と、玄人向けの楽しみ方を紹介し、青峰大輝役の諏訪部は作品が終わる寂しさに「もう1回観たら、この気持ちも紛れるかもしれないので、何回でも観たいなと思っています」とコメントした。

 また、小野大輔は緑間真太郎の決め台詞を使って「スタッフ、キャスト一同、人事を尽くしたと言い切れる、とても素晴らしい作品になっていると思います」とコメント、黄瀬涼太役の木村は完成した作品を昨夜見たばかりであることを告白し、「そして今日、こうして1回目の上映舞台挨拶に来て、自信を持って言えます。みんなで良い物を作れました!」と作品の出来を絶賛した。

(C)藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会
《松尾》

関連ニュース

特集

page top