「ビートたけし以来」明石家さんまの頭を思い切りどついた若手芸人とは? | RBB TODAY

「ビートたけし以来」明石家さんまの頭を思い切りどついた若手芸人とは?

 28日の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)の中で、明石家さんまが初対面の若手芸人に思い切り頭をどつかれ、スタジオが騒然とする場面があった。

エンタメ 映画・ドラマ
 28日の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ)の中で、明石家さんまが初対面の若手芸人に思い切り頭をどつかれ、スタジオが騒然とする場面があった。

 さんまをどついたのは昨年のM-1ファイナリスト、お笑いコンビ「カミナリ」ツッコミの石田たくみ。M-1でも相方の頭を激しく叩くツッコミで話題となった石田だが、さんまが噛んだことを見逃さず、ひな壇から勢いよく出てきて「何言ってんだ」と言いながらさんまの頭を思い切りどついた。

 若手芸人の突然の暴挙にスタジオの芸人たちが騒然となる中、さんまは「俺の頭殴るの、たけしさん以来やから」と言いつつ、「先輩でも思い切り叩けっていうアドバイスをいただいて、こいつは思い切り……」と石田を擁護。しかし、今田耕司は「分かりますけど……俺から来いよ」と石田の頭を思い切り叩き、「俺、まだドキドキが止まらない……」と心臓を押さえた。石田の決死のどつきは、先輩芸人たちをハラハラさせたようだ。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top