一般的な監視カメラで視線推定!NECの遠隔視線推定技術 | RBB TODAY

一般的な監視カメラで視線推定!NECの遠隔視線推定技術

 NECは16日、離れた場所でも人の視線方向をリアルタイムに検知する「遠隔視線推定技術」を開発したことを発表した。

IT・デジタル セキュリティ
同技術なら従来の視線検知に必要だった赤外線ライトを含んだ専用装置は不要。10m程度の距離で複数の視線を同時に推定することが可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • 同技術なら従来の視線検知に必要だった赤外線ライトを含んだ専用装置は不要。10m程度の距離で複数の視線を同時に推定することが可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • 遠隔視線推定技術の利用イメージ。店舗や商業施設における利用客の視線の推定や防犯・セキュリティ、見守り用途などでの利用が想定される(画像はプレスリリースより)
 NECは16日、離れた場所でも人の視線方向をリアルタイムに検知する「遠隔視線推定技術」を開発したことを発表した。

 従来の視線検知技術は、赤外線ライトを目に照射して反射方向から検知していたが、専用装置が必要な上に精度があまり高くないという問題があった。

 今回開発された「遠隔視線推定技術」は、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」のひとつに位置づけられており、NECが持つ顔認証技術の「顔特徴点検出技術」を使うことで、通常のカメラのみで複数人の視線方向をリアルタイムに検知することを可能としている。

 これまでより離れた場所や、低解像度の映像からでも検出することができ、10m先にいる人物の注視方向の検知も可能となっている。街中でのみまもり用途を始め、店舗内で消費者が注目している商品を自動認識したり、デジタルサイネージなどでの広告効果確認などで使用されることが想定されている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top