iPhone 6sのシャットダウン問題、ソフトウェア・アップデートにより精査へ | RBB TODAY

iPhone 6sのシャットダウン問題、ソフトウェア・アップデートにより精査へ

IT・デジタル モバイル

iPhone 6s
  • iPhone 6s
  • iPhone 6sの新色ローズゴールド
  • iPhone 6sのシャットダウン問題、ソフトウェア・アップデートにより精査へ
 iPhone 6sが予期せぬタイミングで、突然シャットダウンしてしまう問題については、バッテリー部品がバッテリーパックに組み込まれる際、通常より長く空気に触れてしまい、劣化が早まったことが原因であるとAppleから説明がなされているが、現地時間6日、同社はこの問題に関する続報を、中国向けのサポートページに掲載している。

 これによれば、同社は来週、iOSのソフトウェア・アップデートを提供予定であり、その中にはこの問題に関する「診断」機能を盛り込むとのこと。

 前回の説明の中では、寒冷地(その逆もしかり)などでiPhoneを利用した場合、電子回路を保護するため、意図的にシャットダウンするようプログラムが組み込まれていると説明されていたが、そうした意図的なシャットダウンと、バッテリー問題から起因するシャットダウンを明確に区別する意図があるものと思われる。

 すでに2015年9月から10月に製造された一部のiPhone 6sについてはリコールの対象となっているが、今後この診断結果次第では、さらに対象範囲が拡大する可能性もある。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top