J1昇格のコンサドーレ札幌、選手のコンディションをICTで管理 | RBB TODAY

J1昇格のコンサドーレ札幌、選手のコンディションをICTで管理

クライム・ファクトリーは、Jリーグのコンサドーレ札幌のクラブパートナーとして、2016年シーズンより契約を締結。Jリーグのクラブとして初めて選手管理システム「CLIMB DB」導入を行った。

IT・デジタル その他
J1昇格のコンサドーレ札幌、選手のコンディションをICTで管理
  • J1昇格のコンサドーレ札幌、選手のコンディションをICTで管理
クライム・ファクトリーは、Jリーグのコンサドーレ札幌のクラブパートナーとして、2016年シーズンより契約を締結。Jリーグのクラブとして初めて選手管理システム「CLIMB DB」導入を行った。

CLIMB DBは、プロ野球球団や全国の高校・大学で導入実績を持つ選手管理システムだ。選手に関するデータを管理し、データやノウハウを蓄積できる。北海道コンサドーレ札幌は、ICT(情報通信技術)をトップ選手のコンディションやフィジカルのデータ管理に活用。J2リーグで優勝し、J1リーグへ昇格した。

CLIMB DBではスマートフォンのアプリケーションを通じて、選手が睡眠時間、食事内容、体重、体調など日々のコンディショニングを入力。クラウド上でフィジカルデータ、ケガの記録などを管理し、監督、フィジカルコーチ、トレーナーなどの関係者が閲覧してトレーニングメニューの組み立てやスケジュールの調整を行う。ICTの活用によって必要なデータにどこからでもアクセスでき、情報の可視化と共有ができる。

今回の取組みは、トップチームの選手サポートを北海道民の健康管理の模範とし、人々の健康をサポートする「CONSA Medical ICT Program」の一環として行われた。北海道民をサポートするヘルスケアサービスの発展に、今回の結果をつなげる。
《美坂柚木@CycleStyle》

関連ニュース

特集

page top