センチメートル単位の制御が可能なプロ用大型ドローン | RBB TODAY

センチメートル単位の制御が可能なプロ用大型ドローン

 DJIは14日、産業用及びプロフェッショナル向け空撮プラットフォーム向けの大型ドローン「Matrice 600 Pro」を発表した。

IT・デジタル ハードウェア
防振ボールの追加で揺れの吸収やノイズの低減なども改良されている。搭載されたHD映像転送「DJI Lightbridge 2」は最大1080p/60pの動画出力が可能で、テレビ中継仕様の720p/59.94fpsや1080i/50fpsなどにも対応する(画像はプレスリリースより)
  • 防振ボールの追加で揺れの吸収やノイズの低減なども改良されている。搭載されたHD映像転送「DJI Lightbridge 2」は最大1080p/60pの動画出力が可能で、テレビ中継仕様の720p/59.94fpsや1080i/50fpsなどにも対応する(画像はプレスリリースより)
  • 分解・折りたたみ時の「Matrice 600 Pro」(画像はプレスリリースより)
 DJIは14日、産業用及びプロフェッショナル向け空撮プラットフォーム向けの大型ドローン「Matrice 600 Pro」を発表した。

 同社従来機種「M600」の発展モデルで飛行性能と積載重量を向上しつつ、折りたたみ時にはより小型化を実現している。

 三重に冗長化されたモジュールと診断アルゴリズムを採用したフライトコントローラー「A3 Pro」を搭載し、3組のGNSSユニットによる正確な飛行制御を実現。「A3 Pro」は同社の高精度ナビゲーション測位システム「D-RTK GNSS」と互換性を持ち、磁気干渉にも耐性を持つことから、センチメートル単位の精度での制御を可能としている。

 同社現行全てのZenmuseカメラとジンバルに互換性を持ち、最大積載は6Kg。バッテリ6個を含んだ本体重量は9.5Kg~10Kgとなる。国内仕様の送信機は最大伝送距離3.5Km。価格はDJI STOREでの直販価格で税込593,800円となっている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top