最上もが、写真集「Poison」で可能性が広がった……女優業にさらなる意欲も | RBB TODAY

最上もが、写真集「Poison」で可能性が広がった……女優業にさらなる意欲も

エンタメ その他

レスリー・キー、最上もが/写真集「Poison」発売記念イベント(写真:竹内みちまろ)
  • レスリー・キー、最上もが/写真集「Poison」発売記念イベント(写真:竹内みちまろ)
  • レスリー・キー、最上もが/写真集「Poison」発売記念イベント(写真:竹内みちまろ)
  • レスリー・キー、最上もが/写真集「Poison」発売記念イベント(写真:竹内みちまろ)
  • レスリー・キー、最上もが/写真集「Poison」発売記念イベント(写真:竹内みちまろ)
  • レスリー・キー、最上もが/写真集「Poison」発売記念イベント(写真:竹内みちまろ)
  • レスリー・キー、最上もが/写真集「Poison」発売記念イベント(写真:竹内みちまろ)
 アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もがと写真家のレスリー・キー氏が30日、都内にて、写真集「Poison」(小学館)の発売記念イベントを開催。最上が今後の活動の抱負を明かした。

 でんぱ組.incの6人のメンバーが6人の写真家とコンビを組んで制作される「でんぱ組.incアートブックコレクション」の中の1冊として完成した今作。最上は、兜や甲冑の一部を身に着けたり、女神をイメージさせる衣装などを身に着けて撮影に挑んだ。レスリー氏は、メインのテーマは女神だが、戦う女神、優しい女神、強い女神など様々な裏テーマがあることを明かした。ジャンヌ・ダルクが好きという最上は、お気に入りのカットとして、甲冑を被った横顔を写した1枚を紹介。アートブックの制作を振り返り、最上は「ひとつの作品をレスリーさんと共に作れたことがとても嬉しいです」と笑顔を見せた。

 完成したアートブックを手にした感想を尋ねられると、最上は「可能性が広がったなと思いました」と声を弾ませた。「こういうアートブックを出したのは初めてです」といい、「今までは水着が多かったですし、かわいらしい私服っぽい服を着ることなどは色々とあったのですが、自分の中で、あまり作り込んだ撮影はできませんでした」と振り返った。

 今作の撮影は、最上の体に合わせた撮影用の衣装作りをはじめ、多くのスタッフとの共同作業となったそうだ。「色々な方とひとつの作品を作る」という経験を通して、最上は「学ぶことがたくさんありました」と目を輝かせた。「女を魅せるというよりは、1人の人間をモデルにして、作品を作ることかなと思いました。今後も、こういうことができたらすごく楽しいなと思いました」と感想を紹介。

 今作が「次につながるきっかけになればいいかなと思います」と期待を膨らませた最上。「今、やっているお仕事の中では女優業が一番好きなので、今後もそういったお仕事ができればいいなと思います」と女優業にさらなる意欲を燃やした。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top