肝付兼太さん死去に声優仲間からの追悼の声 | RBB TODAY

肝付兼太さん死去に声優仲間からの追悼の声

エンタメ その他

  「ドラえもん」のスネ夫役を長く務め、他にも「アンパンマン」のホラーマン役や「おそ松くん」のイヤミ役などで親しまれてきた声優の肝付兼太さんが、20日に亡くなった。所属事務所がオフィシャルサイト上で発表した。

 所属事務所は「病気療養中のところ 平成28年10月20日 肺炎のため80歳にて永眠致しました。 ここに生前中のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます。」と報告している。

 この訃報を受けて、「クリィミーマミ」で共演した水島裕は「あの独特な声で、ニコニコしながら『裕ちゃ~ん、一週間、元気にしてた?』と話しかけてくれたものでした。肝さん、本当にお世話になり、ありがとうございました。」と肝付さんとの思い出を振り返り、山口勝平は「師匠」と肝付さんに呼びかけ、「覚悟はしてても、思いがけないさよならだったから今でも信じられないけれど、今日までホントにありがとうございました。」と感謝の言葉を綴るなど、声優仲間から続々と追悼の声が上がっている。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top