専用カメラでよりスムーズに!NECのウォークスルー顔認証 | RBB TODAY

専用カメラでよりスムーズに!NECのウォークスルー顔認証

 日本電気(NEC)は、東京ビッグサイトで開催された「CEATEC JAPAN 2016」にて、ウォークスルー顔認証による入場管理システムを参考出展した。

IT・デジタル セキュリティ
ブースでは来場者が実際に「ウォークスルー顔認証」を体験することができるデモ展示が行われていた(撮影:防犯システム取材班)
  • ブースでは来場者が実際に「ウォークスルー顔認証」を体験することができるデモ展示が行われていた(撮影:防犯システム取材班)
  • IDカードを読み取り機に着券するとともに、立ち止まることなく歩きながら顔認証を行うことができる(撮影:防犯システム取材班)
  • 他人のIDカードによるなりすまし等の不正入場を防ぎ、高度なセキュリティとスムーズな入場管理の両立が可能(撮影:防犯システム取材班)
 日本電気(NEC)は、東京ビッグサイトで開催された「CEATEC JAPAN 2016」にて、ウォークスルー顔認証による入場管理システムを参考出展した。

 同システムはIDカードと顔認証による入場管理システム。顔登録は初回のみで、その後はIDカードを読み取り機にかざすと共に顔認証を行う。運用時は、カメラの前で立ち止まることなく、歩きながら認証する、いわゆる「ウォークスルー」での運用が可能だ。

 IDカードの貸し借り・盗難によるなりすまし入場やIDカード偽装による不正入場を防止し、セキュリティを高めつつも従来と変わらないスムーズな入場を実現することができる。

 同社のブースではデモ展示として、素早い顔認証とスムーズな入場を来場者が実際に体験できるコーナーが設置されていた。これまではタブレット端末のカメラを用いていたが、今回の展示では、顔認証用にカメラを用意したことで、より迅速で正確な顔認証が可能になったという。

 なお、同システムはリオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック開催期間中に東京・日本をPRする拠点としてリオデジャネイロ市バッハ地区に設置された「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」内の記者会見場に設置され、メディア関係者の入場管理システムとして利用されたそうだ。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top