若槻千夏が涙をこぼしたダウンタウン浜田からの本気のアドバイスとは? | RBB TODAY

若槻千夏が涙をこぼしたダウンタウン浜田からの本気のアドバイスとは?

エンタメ 映画・ドラマ

 おバカキャラとして活躍したが、レギュラー番組8本を抱えた人気絶頂の2007年に突然芸能界から姿を消し、昨年復帰したタレントの若槻千夏。9日放送の「ダウンタウンなうSP」(フジテレビ)に出演し、ダウンタウン浜田雅功からの言葉に若槻が涙するシーンがあった。

 ずっとオファーがありながらも同番組への出演を断り続けていたという若槻。その理由について「復帰したてでまだ整ってないと。もうちょっと整えないとこの3人(ダウンタウンと坂上忍)とは酒飲めないと」と語った。

 今回満を持して「整った」と出演した若槻だが、ダウンタウンと近い距離で面と向かって話したことがなく「緊張してるんです」と言い、「夢みたいなんですよ。ずっとテレビ見てる感じ。もうちょっと私できるかなと思ってたんです、今日」とテンションが上がり切らないことを明かした。納得がいかない様子で歯切れの悪いトークをくりひろげる若槻は、自分のことを「つまんないでしょ?」と自虐し、ダウンタウン松本人志は「お前超調子悪いんか?」と苦笑した。

 そして浜田は「いつものトーンじゃないから。普通でええんちゃうの?そのままでいいんじゃないの?何を計算する事があんのかな」と真顔でアドバイス。「計算してないですよ」と言う若槻に、浜田はさらに「それやったら何でそんなテンション低い所から入るの?そんな低い所から入ったらアカンて」と畳みかけた。

 浜田からの「愛がある」本気のアドバイスに若槻は思わず涙。「私、ダウンタウンに嫌われたくないんです。『バラエティで泣くなんて最低だぞ』ってさんまさんにも言われたんです」と泣き続ける若槻に、ダウンタウンの2人は「逆こそ真なりで」「今、おもしろいねん」と慰めた。しかし若槻は「バラエティわかんない!これがおもしろいってわかんない!もう次行ってください」と泣きながらトークを強制終了させ、ダウンタウンの二人は「めっちゃおもしろいやん」「最後よかった」と爆笑した。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top