楽天モバイル、月額645円から使える“050番号付きデータSIM”提供へ | RBB TODAY

楽天モバイル、月額645円から使える“050番号付きデータSIM”提供へ

IT・デジタル モバイル

執行役員 楽天モバイル事業 ヴァイスプレジデント 大尾嘉宏人氏
  • 執行役員 楽天モバイル事業 ヴァイスプレジデント 大尾嘉宏人氏
  • コミコミプランは好調
  • データSIMでも固定・携帯電話と通話可能なサービス
  • 050データSIMの特徴
  • 料金プラン
  • グループ全体でサービスを展開
  • 質疑応答
 楽天モバイルは1日、9月下旬よりViberで050番号を付与した音声通話サービス「050データSIM Powered by Viber」を開始すると発表した。Viberは楽天グループが提供するメッセージングアプリ。050番号はインターネット回線を利用したIP電話サービスで、料金はデータSIMプランから据え置きの645円/月(税別)。

 楽天モバイルは、2年ほど前「携帯電話料金を1/3に」というスローガンでMVNO市場に参入し、850円で5分かけ放題や1880円の「コミコミプラン」などを打ち出している。今回発表された「050データSIM Powered by Viber」は、楽天モバイルのデータSIMに、楽天コミュニケーションズの050番号を付与し、メッセージングアプリ「Viber」で固定電話や携帯電話に発着信を可能にするものだ。

 特徴は「データSIMと同じ料金で050番号が付与され、通話料金は発信・着信ともにキャンペーン期間中は無料であること。番号通知機能も一部対応していること」(執行役員 楽天モバイル事業 ヴァイスプレジデント 大尾嘉宏人氏)という。050番号は、データ通信だけで音声通話を行うIP電話(VoIP)に付与される番号。通常は番号発行のための手数料や基本料金が発生するが、050データSIMはそれが不要ということだ。IP電話は11番、119番など緊急通報は使えないが、固定電話、携帯電話へは通常割安で通話できる。

 なお、通話無料キャンペーンの終了時期は、現時点では未定とのことだ。その理由について大尾嘉氏は「すこしでも多くのユーザーに利用してもらうための先行投資でもあり、市場の状況をみながら判断する」とした。また、現行のデータSIMプランにはSMSありとSMSなしのプランがあるが、SMSありのプランは廃止され、新規契約は受け付けなくなる。データプランは契約期間の縛りがないため、解約や変更は違約金など気にせず任意のタイミングで可能だが、切り替えの手数料は発生する。すでにSMSありのデータSIMを契約しているユーザーは、そのまま契約を続けることは可能だ。新規契約の手数料は発生するが、基本料などなしで050番号が欲しければ、050データSIMに切り替えることができる。

 050データSIMの月額基本料は、ベーシックプランで645円(通信速度が200Kbps)、5GBプランで1570円(下り262.5Mbps/上り50Mbps)。固定電話や携帯電話への音声発信・着信はViberアプリ上で行う。そのため、Viberアプリが動作するSIMフリー端末なら、iOS、AndroidなどOSは選ばない。

 大尾嘉氏は「5分かけ放題やコミコミプランで、1台目の端末としての格安スマホユーザーには訴求できていると思う。050データSIMでは2台目以降の端末ユーザーにも訴求していきたい。とくにデータSIMは楽天ポイントでの支払いが可能で、我が家では携帯電話料金を支払っている感覚がないくらいだ。楽天市場、楽天コミュニケーションズ、Viberとグループならではのサービスを展開していきたい」とする。

 9月はLINEのMVNOサービスが始まる予定だが、LINEの市場参入について「サービスの内容が不明なのでコメントしようがないが、MVNO市場の活性化につながると思っている」とのコメントに留めた。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top