井上和香が「涙がでるほど嬉しかった」と語った出産時の夫の決断とは? | RBB TODAY

井上和香が「涙がでるほど嬉しかった」と語った出産時の夫の決断とは?

エンタメ その他

 女優の井上和香が1歳の長女と共に東貴博・安めぐみ夫妻宅でのバーベキューに参加したときの様子をブログで紹介した。

 ブログには「初めましての大堀恵さんにも会えたり、他にも芸人の皆さんにも娘を可愛がっていただき、有難かったです 娘も大はしゃぎで楽しそうでした」というコメントと共に井上、安、そして元AKB48の大堀恵の3人の娘が仲良く遊んでいるほほえましい写真がアップされている。ブログには度々長女との日常が披露されているが、この日も長女とたくさんのおもちゃに囲まれる笑顔の井上自身の写真もアップされ、育児を楽しんでいる様子が伝わってきた。

 そんな井上は30日放送の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)に出演。長女妊娠・出産時の感動秘話を語った。

 井上は2012年、映画監督の飯塚健と結婚している。番組内では、長女を妊娠した時のエピソードが語られた。妊娠した時、井上の母も夫の両親も他界していて、産後実家に頼ることができない状況だったことを明かし、「ものすごく不安だった」と語った井上。しかし、映画の撮影に入る可能性のある夫には頼ることはできないと思い、相談していなかったという。1人で出産・子育てに立ち向かう決心をしていた井上に、夫から伝えられたのは「1年くらい家にいられるようにしたから。子供産んだり色々大変だろ?」という言葉だった。夫は決まっていた撮影スケジュールをすべて延期し、1年間自宅にいる事にしたという。「涙がでるほどうれしかったです」という井上は、「軽い気持ちで付き合っちゃったけど、まさか結婚するとも思ってなかったですけど、夫と結婚して良かった」と幸せそうに語った。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top