大塚家具が全国のショールームで「防災インテリアフェア」開催 | RBB TODAY

大塚家具が全国のショールームで「防災インテリアフェア」開催

ライフ その他

防災クイズや防災カードゲームなどで楽しみながら防災の知識を身に付けられる防災ワークショップも9月3日、4日に全国ショールームで開催(画像はプレスリリースより)
  • 防災クイズや防災カードゲームなどで楽しみながら防災の知識を身に付けられる防災ワークショップも9月3日、4日に全国ショールームで開催(画像はプレスリリースより)
  • 家具と天井を面で支える転倒防止器具「耐震アトラスネオ」。インテリア性に配慮し突っ張り棒部分を隠すための専用フィラー(別売)もある(画像はプレスリリースより)
  • 食器棚のガラス扉や窓に貼り、強い衝撃でガラスが割れたときにガラス片の飛び散りを防ぐ「飛散防止フィルム」(画像はプレスリリースより)
  • 「耐震ラッチ」は地震を感知すると扉をロックし、食器などの収納物が飛び出すのを防ぐストッパー。食器棚や本棚に付いている(画像はプレスリリースより)
  • 危機管理アドバイザーの国崎信江氏。危機管理教育研究所代表。女性として生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱している(画像はプレスリリースより)
 大塚家具は9月1日より10月16日まで、大塚家具の全国のショールームにて「家族を守る あんしん安全防災インテリア」フェアを開催する。

 地震発生時、家具や家電の転倒は大きな被害につながる恐れがあるため、適切な固定や安全なレイアウトが重要になってくる。しかし、面倒くさがったり、見た目を気にして、何も対策をしていない人も多いという。

 大塚家具が9月1日の「防災の日」より開催する「防災インテリアフェア」では、インテリア性の高い耐震機能付き家具や防災対策商品を約100点以上取り揃え、部屋のレイアウト相談も行う。またインテリア性と防災・耐震を両立させた「防災インテリアルーム」が一部店舗を除く大塚家具のショールームに登場する。

 また、危機管理アドバイザー国崎信江氏による「今すぐ実践できる!防災セミナー」や、家族そろって参加できる防災ワークショップも各地で開催。防災の知識を実践的かつ分かりやすく紹介する。

 国崎氏による防災セミナーは9月17日に大阪南港ショールーム、9月22日に有明本社ショールームで開催。参加費は無料で、Webサイトもしくは店舗への電話で予約申し込みを受け付けている。ワークショップは9月3日と4日に全国ショールームで開催する。参加無料、申し込み不要だ。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top