1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ | RBB TODAY

1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ

IT・デジタル モバイル

1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ
  • 1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ
  • 1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ
  • 1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ
  • 1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ
  • 1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ
  • 1万円で本格VR体験! ジェスチャー操作に対応した「BotsNew VR」発売へ
 バンダイナムコグループのメガハウスは26日、VR体験デバイス「BotsNew VR (ボッツニューVR) 」を、2016年8月下旬より発売すると発表した。希望小売価格は9,990円。

 「BotsNew VR」は、スマートフォンを本体にセットすることで、映し出されるコンテンツを、実空間のような「臨場感」を持った視野で、360度全方位見ることができる商品。独自のVR専用高機能レンズが搭載されており、レンズ間の距離やピントの調整もできるほか、ヘッドホンを搭載したヘッドセットを装着することにより、没入感の高い本格的なVR体験を楽しむことができる。

 また、ユーザーが手に専用のコントローラーを装着することにより、ジェスチャー操作を行うことも可能。ヘッドセットを装着した上で、付属のコントローラーを指に挟み、目の前で動かすことで、まるでコンテンツを実際に操作しているかのような感覚を味わえる。

 本体にセットされたスマートフォンのカメラが、指に装着したコントローラーのARマーカーを検知し、ゲーム等の操作もできる。ジェスチャー対応コンテンツには、「BotsNew Wars」「BotsNew Diver」「BotsNew OF THE DEAD」などがある。

 「BotsNew VR」の本体サイズは215 x 190 x 120で、重量は450グラム。対応OSは、iOS、Androidとなっており、4~6インチのスマートフォンに使用することができる。
《Tsujimura》

編集部のおすすめ記事

特集

page top