女子中高生の1/3が使ってる「カップル専用SNS」とは? | RBB TODAY

女子中高生の1/3が使ってる「カップル専用SNS」とは?

IT・デジタル モバイル

女子中高生の1/3が使ってる「カップル専用SNS」とは?
  • 女子中高生の1/3が使ってる「カップル専用SNS」とは?
■テレビドラマにも登場

ズバリ、恋する2人のための、恋する2人による、恋する2人だけのSNS、それが「カップル専用SNS」である。2人だけしかアクセスできない、クローズドなサイバー空間だ。あなたの周囲にも「もう使っているよ」という幸せいっぱいな人もいるのではないだろうか。

まずはもっとも人気があり、一種の「小道具」としてテレビドラマにも登場したこともあるカップル専用SNS「Couples(カップルズ)」を例に、どんなことができるのかを紹介していこう。なお、「Couples」に限らず、カップル専用SNSはスマホにアプリをインストールして利用する。

■アルバム、スケジュール、トークの3大基本機能

まずは「写真アルバム機能」だ。2人で撮った写真はコメントをつけてアルバムに保存する。FacebookなどのSNSでは、2人だけの内緒の写真も手違いで他人に見られたり、最悪の場合は流出というリスクもある。だが、カップル専用SNSなら安心だ。2人以外の人間の目に触れるということはあり得ない。しかも、共有財産だから、離れているときも、2人で同じアルバムを見て幸福感にひたることもできるというわけだ。

次はスケジュール機能。2人の誕生日や記念日、デートの予定などを書き込んで共有できるし、お互いの予定も書き込めるから、どの日だったらデートが可能かなんてこともすぐわかる。記念日に向かってのカウントダウンもできるから、盛り上がることうけあいだ。

トーク機能はLINEやFacebookでのメッセージのやり取りと基本的に似ているが(スタンプも使える)、なによりも、2人だけのホットラインだというところが決定的に違う。2人以外の誰にもメッセージを出すことができないし、2人以外の誰からもメッセージはこない。2人の会話が外部に漏れることはないから、大胆な中身の話だって安心してできるというわけだ。

以上の、アルバム、スケジュール、トークが、カップル専用SNSの基本機能で、「Couples」以外の人気カップル専用SNSである「Between(ビトウィーン)」や「Pairy(ペアリー)」などもほぼ一緒だ。画面デザインや使い勝手、無料スタンプの数など、細かなところが異なるだけ。

■もっとも利用しているのは女子中高生

さて、2016年1月に、株式会社ジャストシステムがカップル専用SNSについての調査を行った。それによると、カップル専用SNSを利用しているのは全体の18.1%。性別・年代別では、下のグラフのようになり、男性では15〜19歳がいちばん多くて27.6%。女性も同様で15〜19歳で30.2%が最多だ。

面白いのは、女性の場合、15〜19歳の利用者が、ほかの年代より突出していること。その理由については諸説あるが、女子中高生にとってはカップル専用SNSのアプリをスマホにインストールすることが一種のステータスだからという説には説得力がある。付き合っている彼氏がいなくても、スマホのホーム画面にカップル専用SNSアプリのアイコンをわざわざ表示するという女子もいるのだそう。

なお、ジャストシステムの調査によれば、「カップル専用SNSのおかげで2人の危機を乗り越えたことがある」と、2割の人が回答しているとのこと。クリックひとつで現れる懐かしのアルバムに、甘い言葉のやりとりのログ、楽しいデートやアニバーサリーの記録......。確かに、ケンカしたときの仲直りツールとしてはうってつけかも。


文:太田 穣
《TIME&SPACE》

関連ニュース

特集

page top