ナインティナイン岡村が長期休養前にもらった極楽とんぼ山本からのメールとは?? | RBB TODAY

ナインティナイン岡村が長期休養前にもらった極楽とんぼ山本からのメールとは??

エンタメ 映画・ドラマ

岡村隆史(写真は2011年日本アカデミー賞のもの)(C)Gettyimages
  • 岡村隆史(写真は2011年日本アカデミー賞のもの)(C)Gettyimages
 6日に放送された「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ)で、ナインティナイン岡村隆史が2010年に半年間休養する直前、極楽とんぼの山本圭壱からメールをもらっていたことを明かした。

 岡村は「『山本さんがいなくなって面白くなくなった』みたいに言われるのが一番嫌だった」「(山本の分まで)やったろかい!と思っていたけど、いてくれたらどれだけ楽だったろうっていう…」と山本が「めちゃイケ」を抜けた当時の複雑な心境を振り返った。

 さらに岡村は、2010年に半年間休養する直前に、事件以来連絡のなかった山本から「大丈夫か?しっかり休め」と気遣うメールが突然送られてきたことを明かした。岡村は、「その時はどうしたらいいのか自分でもわからない状態で、医者からは休めって言われたけど、山さんに意見を聞きたくて電話した」と語った。

 電話で「もう俺(テレビの仕事)出来てないやろ?」と聞く岡村に、山本は「一回休んだ方がいいんじゃないか?」とアドバイスをしたという。「ちょっと(山本のいる)宮崎行こうかな」と言うと、「来い来い」「もしマスコミ的に動きづらかったら俺が陸路で手配してやるし、お前がゆっくりできるところくらいは確保できるから」と山本が親身になって気遣ってくれたことを静かに語った岡村。

 「もし何かあったときはよろしく頼むね」「おう、わかった、任しとけ」と切った電話を振り返りながら、岡村は「そういう頼もしいところもあったし、連絡もらったことも感謝してた」と山本の意外な一面を明かし、「めちゃイケメンバーとして、仲間としてずっとやってきて、仲間が倒れかけたときに頑張れよって言えてないという負い目というか引け目があって…」と山本に思いをはせた。めちゃイケメンバーの絆は10年経っても切れることなく続いていた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top