電源を入れるだけで運用できるH.265対応NVR | RBB TODAY

電源を入れるだけで運用できるH.265対応NVR

IT・デジタル セキュリティ

録画方式は常時録画/動作検出録画/スケジュール録画に対応。映像ストリーミングは4カメラ合計40Mbpsまで対応しており、ライブ表示は最大10コネクションの遠隔監視に対応する(画像はプレスリリースより)
  • 録画方式は常時録画/動作検出録画/スケジュール録画に対応。映像ストリーミングは4カメラ合計40Mbpsまで対応しており、ライブ表示は最大10コネクションの遠隔監視に対応する(画像はプレスリリースより)
  • 「GV-SNVR0411」を使った利用イメージ。設置の手軽さの他にもNVRを基点にモバイルや遠隔地からの集中監視などを行うことができる(画像はプレスリリースより)
 GeoVision(ジオビジョン)は、H.265/H.264対応のネットワークレコーダー(NVR)「GV-SNVR0411」を発売・出荷開始したことを発表した。

 「GV-SNVR0411」は、4台のカメラの接続に対応しているNVRで、本体サイズが264×160×44mmと省スペースで、高解像が進むネットワークカメラにも対応できる映像圧縮方式H.265/H.264に対応。最大の特徴は、“電源を入れるだけで運用できる”という手軽さで、ネットワークカメラの設置の際に必要だったハブを本体に内蔵していたり、カメラにLANケーブル経由で給電できるPoE対応ポートを4基備えている。

 映像解像度は4K(3,840x2,160ピクセル)及び1,080pに対応。映像はHDMI出力でき、4分割表示などの機能を備えており、iOS及びAndroid対応アプリからの遠隔視聴にも対応する。

 接続可能なカメラは同社のGV‐Targetシリーズ、GV‐SD220/220‐S、GV-IPカメラシリーズなど。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top