自動追尾を行うMILスペックの可視+赤外線カメラシステム | RBB TODAY

自動追尾を行うMILスペックの可視+赤外線カメラシステム

 ハイセキュリティな映像監視の現場におい重宝されているのが、暗闇でも撮影することができる赤外線カメラだ。例えば、赤外線カメラを使うと、熱の可視化ができるので、どんなに周囲が暗くても、近づくクルマや人、生物をとらえることができる。

IT・デジタル セキュリティ
可視光カメラと赤外線カメラを両方を搭載したコンパクト・カメラシステム「GeminEye」(撮影:防犯システム取材班)
  • 可視光カメラと赤外線カメラを両方を搭載したコンパクト・カメラシステム「GeminEye」(撮影:防犯システム取材班)
  • IP67に加えてMILスペックにも対応したタフさと、自動追尾機能が特徴となるシステムだ。専用三脚での運用の他にも、建物への固定設置からクルマや船舶への設置などにも対応する(撮影:防犯システム取材班)
 ハイセキュリティな映像監視の現場において近年、非常に重宝されているのが、赤外線カメラだ。例えば、赤外線カメラを使うと、熱の可視化ができるので、どんなに周囲が暗くても、近づくクルマや人、生物をとらえることができる。

 アイ・アール・システムは、22日まで東京ビッグサイトで開催された「防犯・セキュリティ対策展」において、そんな赤外線カメラと可視光カメラを組み合わせたコンパクト・カメラシステム「GeminEye」のデモ展示を行った。

「GeminEye」は、米・Moog社製で、IP67の防水防塵に対応しつつ、いわゆるMILスペックの防水&塩水噴霧耐性をクリアしたタフな製品。

 最大の特徴は、 撮影対象をロックしてトラッキングする3つのモードを備えた追尾システムとなる。まず、赤外線から輝度の高い物体を検知し追尾するモード、続いて任意の対象をロックして追尾するモード、そして画角内で動く物体を検知して自動で追尾するモードがあり、クルマ、ヘリコプター、船、人などを目的に応じて追尾し、撮影することができる。

 ちなみに追尾の速度や範囲に関しては、利用する電動雲台のパン・チルト性能に依存する。

 ブースでは頑丈な専用三脚に載せられての展示だったが、建物への固定設置から、クルマや船舶への設置などにも対応する。特に胴体への設置に関しては、画面の揺れを除去できる機能も搭載しているので、揺れの少ない映像を取得することが可能だ。

 さらに、カメラはブロック構造で、レンズやセンサーのグレードアップや照明をプラスするなどのカスタマイズも自在にでき、Moog社以外のカメラと組み合わせた構成にすることもできるという。

 想定する導入先としては、沿岸監視や公共施設、発電所&製油所などのエネルギーインフラ、空港などのハイセキュリティなシーン。さらに船舶に設置すれば、遭難者の捜索活動などにも活かせるという。
《防犯システム取材班/梅田勝司》

関連ニュース

特集

page top