長谷川京子、「倫理的にはあってはならない恋。でも絵空事ではない」 | RBB TODAY

長谷川京子、「倫理的にはあってはならない恋。でも絵空事ではない」

エンタメ その他

長谷川京子、「倫理的にはあってはならない恋。でも絵空事ではない」
  • 長谷川京子、「倫理的にはあってはならない恋。でも絵空事ではない」
  • 長谷川京子、「倫理的にはあってはならない恋。でも絵空事ではない」
 6月28日からスタートした長谷川京子主演のドラマ「ふれなばおちん」が本日2話目を迎える。

 同ドラマは漫画家・小田ゆうあ原作の“主婦の純愛”がテーマ。公式サイトでは、同じく2児の母である長谷川京子が、ドラマを通して夏(主人公)をどう感じているか、小田ゆうあとの対談が掲載されている。そのなかで長谷川は「正直、とてもリアルなお話だと思います。やっぱり、妻になっても、母になっても、女性として見られたい気持ちはありますよ。けれど現実は、髪型を変えても夫はなかなか気づかなくて、息子の方が先に気づいて褒めてくれたりします(笑)」と現実の生活についてコメントするとともに、「夏の恋は、倫理的にはあってはならないことですが、家族への愛と龍への恋心は絶対的に違うもので、それは、絵空事だとは感じません」と語っている。

 第2話は「恋の衝動」。BSプレミアムで夜11時15分から。

※【まとめ】芸能人の不倫スキャンダル
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top