進むIoT化!レオパレス21が新築全戸にiRemoconを標準装備 | RBB TODAY

進むIoT化!レオパレス21が新築全戸にiRemoconを標準装備

IT・デジタル その他

「Leo Remocon」本体。「iRemocon」をベースに開発された、レオパレス21の入居者向け学習リモコン。レオパレス21の新築全戸に標準装備される(画像はプレスリリースより)
  • 「Leo Remocon」本体。「iRemocon」をベースに開発された、レオパレス21の入居者向け学習リモコン。レオパレス21の新築全戸に標準装備される(画像はプレスリリースより)
  • 専用アプリのリモコン操作画面。レオパレス21に標準で備え付けられている家電に最適化されたリモコンデザインが利用可能(画像はプレスリリースより)
  • 自宅や外出先からスマートフォンで室内の温度・湿度・明るさなどを確認したり、赤外線リモコン対応家電を操作することができる(画像はプレスリリースより)
  • 日時や期間をピンポイントで指定して家電を操作することも可能。留守中の防犯などに活用できる(画像はプレスリリースより)
 レオパレス21とグラモは4日、グラモの高機能学習リモコン「iRemocon」をベースにした「Leo Remocon」を、レオパレス21の新築全戸(一部物件を除く)に標準装備することを共同発表した。10月完成物件より順次装備していく。

 「iRemocon」は家電のリモコン信号を学習させることで、自宅や外出先からスマートフォンでさまざまな家電をコントロールすることができる家電制御機器。また、センサー機能が搭載されており、室内の温度・湿度・明るさなどの情報の収集・表示が可能だ。

 その「iRemocon」をベースにした「Leo Remocon」では、レオパレス21の入居者向けに専用アプリを提供。レオパレス21備え付けの家電に最適化されたリモコンデザインや、レオパレス21のネット接続サービスLife Stick(レオネット)対応等の独自機能が追加されている。備え付けの家電以外の赤外線リモコン対応家電にも、もちろん対応する。

 他にもスマートフォンのGPSと連動して、最寄り駅で電車を降りた時に自宅のエアコンを作動させたり、日時や期間をピンポイントで指定して、照明を点灯させることで旅行中の防犯に活用したりすることも可能。さらには音声認識機能を活用し、料理中など手が離せないときにハンズフリーで家電を操作することもできる。

 専用アプリはAndroid、iOS両対応。レオパレス21は今後もグラモの開発する新機能やセキュリティ等のシステムを段階的に導入し、より高度な住空間の提供を共同で目指していくという。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

関連ニュース

特集

page top