H.265&4K対応で長時間録画ができる普及価格帯NVR | RBB TODAY

H.265&4K対応で長時間録画ができる普及価格帯NVR

IT・デジタル ハードウェア

ONVIF対応の4K/H265対応NVRとしては、安価でHDDレスを選択できる点などを特徴としている。上位2機種はマルチIPアドレスやRAID対応予定など、機能も充実している(画像はプレスリリースより)
  • ONVIF対応の4K/H265対応NVRとしては、安価でHDDレスを選択できる点などを特徴としている。上位2機種はマルチIPアドレスやRAID対応予定など、機能も充実している(画像はプレスリリースより)
  • H.265に対応したことで、従来のH.264と比べると半分の帯域・容量での録画可能になる(画像はプレスリリースより)
 LISWAYは、H.265(HEVC)方式の低価格プロ仕様4Kネットワークビデオレコーダー(NVR)3種を、7月15日から発売することを発表した。

 多チャンネル、長時間録画に対応したH.265/4K対応のNVRで、小規模向けの最大16ch/最大12TB HDDのものから、大規模向けの最大32ch/最大48TB HDDのものまで3種類をラインナップする。

 ネットワークカメラはH.265/4K(3840×2160解像度)に対応し、インタフェース標準規格ONVIF/PSIAに対応しているため互換性のある他社製品との接続も可能とのこと。

 参考録画可能時間は、H.265(2Mbps/1080p/4TB)の場合で184日/ch、H.264(4Mbps/1080p/4TB)の場合92日/chとなり、ビットレートを上げた状態でもH.264比で倍の時間を記録することが可能となっている。

 HDDレス構成での市場想定価格は、以下の通り。

4K H.265 Pro NVR 5000(最大16ch、160Mbps) 62,200円
4K H.265 Pro NVR 7000(最大32ch、320Mbps) 75,100円
4K H.265 Pro NVR 8000(最大64ch、320Mbps) 116,700円

 NVR 8000と7000はファームウェアアップデートでRAIDへの対応を予定している。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top