ニーズ高まる産業用カメラ……IoT活用を見越したCTCの新製品 | RBB TODAY

ニーズ高まる産業用カメラ……IoT活用を見越したCTCの新製品

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は27日、カメラを使ったデータの収集&解析を行うIoTソリューションの提供を目的に、カナダの産業用デジタル映像機器メーカーTeledyne DALSA社の産業用高性能カメラシリーズの取り扱いを開始した。

IT・デジタル ハードウェア
セキュリティ用途にも対応する組み込み用遠赤外線カメラ「Calibir 640シリーズ」は、カメラ本体が一辺29mm、重量38gと小型軽量ながら、640x480pixel/30fpsの撮影を可能としている(画像はプレスリリースより)
  • セキュリティ用途にも対応する組み込み用遠赤外線カメラ「Calibir 640シリーズ」は、カメラ本体が一辺29mm、重量38gと小型軽量ながら、640x480pixel/30fpsの撮影を可能としている(画像はプレスリリースより)
  • 手のひらサイズの小型さと高耐久性、低価格がウリという屋外対応のエリアカメラ「Genie Nanoシリーズ」(画像はプレスリリースより)
  • 鉄道の線路の歪みや架線の状態などを走行しながら検査を行う軌道試験などにも利用可能な「Linea」シリーズ(画像はプレスリリースより)
 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は27日、カメラを使ったデータの収集&解析を行うIoTソリューションの提供を目的に、カナダの産業用デジタル映像機器メーカーTeledyne DALSA社の産業用高性能カメラシリーズの取り扱いを開始した。

 これまでも産業用カメラは製造業の現場で品質管理などに利用されていきているが、IoT市場の拡大によって、新たな利用シーンとして、プラント設備などの状態監視やセキュリティ分野や介護、シルバー産業への応用などが期待されている。

 同社は以前からTeledyne DALSA社の産業用カメラを含んだ製造業向けソリューションを提供してきたが、今回新たに産業用高性能カメラ新製品の取り扱いを開始することで、その体制をより強化する形となる。

 新製品は、セキュリティシステムやサーモグラフィ、モニタリングシステムなどにも利用可能な遠赤外線エリアカメラ「Calibir 640」シリーズ、屋外環境にも対応し、小型・低価格を特徴とするエリアカメラ「Genie Nano」シリーズ、製品検査や鉄道走行中の軌道試験の検査にも対応する「Linea」シリーズの3種類で構成されている。

 同社は今後、IoTを中心に製造業向けソリューションを強化していき、1年間で30社の導入を目指し、システム全体の設計、構築、保守サポートを行っていく。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top