講談社、「ViVi」通販サイトから個人情報流出 | RBB TODAY

講談社、「ViVi」通販サイトから個人情報流出

IT・デジタル セキュリティ

講談社、「ViVi」通販サイトから個人情報流出
  • 講談社、「ViVi」通販サイトから個人情報流出
  • 講談社、「ViVi」通販サイトから個人情報流出
 講談社は22日、女性向け月刊誌「ViVi」の公式通販サイト「NET ViVi Coordinate Collection」から個人情報が流出したとしてお詫びを掲載した。

 外部からの不正アクセスによるもので、注文履歴のある10,946名分を含む15,581件が流出した。具体的には注文者氏名、住所、メールアドレス(PC / 携帯)、電話番号、コメント、管理者コメント、配送先氏名、配送先住所、配送先電話番号、注文金額、送状番号が流出(クレジットカード決済は別の会社に委託しているためクレジットカード情報は流出していない)。

 6月7日に「NET ViVi Coordinate Collection」運営のグループ会社ウェアハートから、未出荷にも関わらず売上確定ステータスになっている異常な注文についての問い合わせがあり調査したところ、不審なIPアドレスからのアクセスが判明し、その後の調査により不正アクセスによる個人情報流出と断定したという。

 同社では対象の会員には登録メールアドレスにお詫びメールを送信。被害は報告されていないが、サイトに会員お問い合わせ窓口を告知している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top