鈴木亮平、変態仮面の衣裳でアカデミー賞レッドカーペットへ | RBB TODAY

鈴木亮平、変態仮面の衣裳でアカデミー賞レッドカーペットへ

エンタメ 映画・ドラマ

鈴木亮平/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • 鈴木亮平/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • 鈴木亮平/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • あんど慶周&鈴木亮平&清水富美加/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • あんど慶周/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • 清水富美加/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • 鈴木亮平/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • 鈴木亮平&清水富美加/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
  • 鈴木亮平&清水富美加/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』アブノーマルナイト
映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』のヒットを記念し5月25日(水)、“アブノーマル・ナイト”と銘打って、主演の鈴木亮平、ヒロインを演じた清水富美加、原作者のあんど慶周が舞台挨拶に登壇した。

あんどさんの伝説の人気漫画「究極!!変態仮面」の実写映画第2弾として公開され、公開後の満足度ランキングで1位を記録し、海外からも公開オファーが届くなどジワジワと人気の広がりを見せている。

この日も平日の遅めの時間の上映にもかかわらず多くの観客が劇場に。鈴木さんは「アブノーマル・ナイト…変態の夜(笑)? よくこんなイベントに来てくださいました。しかも、ほとんど女性じゃないですか! みなさん、ナイス変態!」と満面の笑み。客席に6歳と9歳の女の子もおり「面白かった」という感想に鈴木さんは嬉しそうにほおを緩めていた。

原作者のあんど先生は、そもそも変態仮面がどのように生み出されたのかを問われ「小学生のころ、兄とお風呂に入るとき、パンツを引っ張り合ってた」というエピソードを明かし「漫画家になろうと思ったとき、これを漫画にしたらみんな、絶対に笑うだろうと思った」と説明。変態仮面と言えば、主人公の狂介が女性のパンティを被って“変身”するヒーローと認識されているが、鈴木さんはこの誕生秘話に「パンツ被るんじゃなくて、お稲荷さん先行!?」と驚愕していた。

また、変態仮面の動きに関してあんど先生は、腰をグッと入れることの重要性を強調するが、実際に変態仮面を演じた鈴木さんはこれを身をもって体感しているようで、次々と壇上でポーズを披露! 今回の最新作にあたっては「データをスマホに全部入れて、その上で先生が(原作に)描いてないけど、変態仮面ならこうするという新たなポーズも入れました」と誇らしげに明かし、本作、そして変態仮面への強い思いを見せつけた。

既に本作は20か国以上から公開のオファーが届いているが、あんど先生はこの状況に「鈴木亮平の世界進出は時間の問題」と太鼓判。以前から、本シリーズの海外展開を念頭に置いていたという鈴木さんは、アメコミヒーローを参考にしつつ、日本的な進化を遂げた変態仮面について「自動車やラーメンと同じで、ゼロから作るのではなく、元々あるもののクオリティを高め、日本の感性や美意識を注ぎ込む、日本の良さが詰まってます。これぞ日本のモノづくりの神髄!」と力強くアピール。

清水さんは世界からのオファーに「世界中に変態がいる証明。人類イコール変態ということ」と嬉しそうに語り、海外進出を果たしたあかつきには、鈴木さんに変態仮面の衣裳でレッドカーペットを歩くことを提案! 鈴木さんもノリノリで「アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたら、変態仮面でレッドカーペットを歩きます」と約束し、喝采を浴びていた。

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。

鈴木亮平、変態仮面の衣裳でアカデミー賞のレッドカーペットを歩くことを公約!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top