追尾もOK!専用スマートウォッチで操作できるドローン | RBB TODAY

追尾もOK!専用スマートウォッチで操作できるドローン

IT・デジタル モバイル

追尾もOK!専用スマートウォッチで操作できるドローン
  • 追尾もOK!専用スマートウォッチで操作できるドローン
  • 追尾もOK!専用スマートウォッチで操作できるドローン
  • 追尾もOK!専用スマートウォッチで操作できるドローン
 サーフィンやスノーボード、ハイキングなどのスポーツ空撮にぴったりなドローン「FlyPro XEagle」が、クラウドファンディングKickStarterに登場している。

 ドローン分野は戦国時代を迎えており、各社が技術開発にしのぎを削っている。そんななか、ユーザー追尾型のドローンはもはや珍しくない。昨年登場し、ユーザーから多くの注目を集めた「Lily」は、その代表だろう。今回の「FlyPro XEagle」もこの類だ。

 さらに言えば、スポーツを撮影したいユーザーは、可能なかぎり、ハンズフリーでいたいものだ。すでにスマートフォンやリモコンで操作するタイプのドローンはごまんとあるが、それらを鞄やポケットから取り出すのは実に煩わしい。

 「FlyPro XEagle」は、専用のスマートウォッチで操作可能な特性を持っており、そんな悩みを解消してくれる。専用スマートウォッチからは、離発着のほか、追尾指示、旋回、静止画の撮影、録画のスタート/ストップなどがワンタッチで可能だ。

 本体はGPS搭載で、位置情報を把握しながら撮影ができる。障害物を回避する機能を搭載しているため、電線などに絡まる心配もない。

 なお、従来のようにスマートフォンによる操作も可能で、iOS/Androidの双方に対応した専用アプリからは、リアルタイムストリーミングで空撮が楽しめる。また、フライトプランを作成することも可能だ。

 気になる本体のスペックだが、クアッドコプターで、高度は最高5,000メートルに対応、飛行時間は最大で22分、最高速は毎秒15メートルなどとなっている。なお、搭載するカメラはGoProなど従来品にも対応している。

 本稿執筆時点において、「FlyPro XEagle」とスマートウォッチのセットは299ドル、これに4Kカメラやリモコンを付けると、439ドルの出資で入手可能。ハイスペックなドローンであるにも関わらず、安価での提供となっているので、この機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top