進むホームドア設置と耐震補強!相鉄が設備投資計画を発表 | RBB TODAY

進むホームドア設置と耐震補強!相鉄が設備投資計画を発表

IT・デジタル その他

「ヨコハマネイビーブルー」に塗り替えられた9000系車両。相鉄線の認知度、ブランドイメージ、沿線価値の向上を目的としている(画像はプレスリリースより)
  • 「ヨコハマネイビーブルー」に塗り替えられた9000系車両。相鉄線の認知度、ブランドイメージ、沿線価値の向上を目的としている(画像はプレスリリースより)
  • ホームドアの設置と立体交差の高架化、構造物の耐震補強が主な内容となっている。横浜駅の相鉄線ホーム全てにホームドアの設置が完了する(画像はプレスリリースより)
  • 大規模震災に備えた高架橋柱の耐震補強として、緑園都市駅といずみ中央駅の高架橋柱工事が当年度で完了する(画像はプレスリリースより)
 相鉄グループは13日、平成28年度の鉄道事業と自動車事業(バスなど)において、安全対策とサービス向上などを目的に総額96億円の設備投資を実施することを発表した。

 鉄道事業向けの89億円のうち、安全対策としては52億円を計上しており、横浜駅では昨年度から引き続きホームドアの設置が行われる。相鉄線横浜駅はこれにより、全てのホームにホームドアが設置されることになる。

 車両に関しては、9000系車両のリニューアルとして、外装のカラーリングを「ヨコハマネイビーブルー」に変更し、座席のバケット化、車内案内表示の液晶画面化などを実施。このカラーリングの変更は、沿線価値とブランドイメージの向上を目的とした「デザインブランドアッププロジェクト」の一環の取り組みとなる。

 また高架橋の耐震補強として、相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)の区間1.8kmを高架化し、9か所の踏切を廃止する。横浜市の都市計画事業と連動しており、平成30年度の完成を予定している。他にも緑園都市駅といずみ中央駅の高架橋柱の耐震補強工事も、28年度の完了が予定されている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top