『変態仮面』はファミリー映画です…福田監督 | RBB TODAY

『変態仮面』はファミリー映画です…福田監督

エンタメ 映画・ドラマ

清水富美加/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • 清水富美加/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • 鈴木亮平&清水富美加&柳楽優弥&ムロツヨシ&片瀬那奈/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • 鈴木亮平/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • 鈴木亮平/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • 柳楽優弥/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • ムロツヨシ/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • 福田雄一/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
  • 片瀬那奈/『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』舞台挨拶
異色のヒーロー映画の続編『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』が5月14日(土)に公開を迎え、主演の鈴木亮平をはじめ、共演陣が舞台挨拶に登壇! 鈴木さんは熱烈なファンを前に変態仮面のポーズをノリノリで披露し会場を熱狂させた。

「週刊少年ジャンプ」に連載された人気漫画「究極!! 変態仮面」の実写化第2弾。女性のパンツを被ったヒーロー“変態仮面”が様々な奥義を駆使して悪を成敗するさまを描き出す。

この日は鈴木さんに加え、清水富美加、柳楽優弥、ムロツヨシ、片瀬那奈、福田雄一監督も登壇し、舞台挨拶の模様はネットで生配信された。鈴木さんらが登場すると、会場は大歓声に包まれる。観客には色とりどりのパンツがプレゼントされたが、頭からパンツを被っているファンも! 鈴木さんは客席を見渡し「普通のスーツで出てきてすみません! お客さんがパンツかぶってるのに、僕がかぶってないというのはいま、激しく後悔してます」と反省の弁を口にする。

前作からのさらなるパワーアップについても鈴木さんは言及! 監督から撮影前に「フラミンゴの動きと社交ダンスを完璧にしておくように」とのお達しがあったと明かし、実際にフラミンゴの動きで敵を攻撃するさまを壇上で実演する。

ちなみに柳楽さんは、劇中で2回、変態仮面の“お稲荷さん”を食らっているが、感想を求められると「不思議ですね。夜中の3時とかに食らって、刺激的でした」としみじみと語る。ムロさんも「悪いもんじゃないよね、亮平のお稲荷さん」と同調し、鈴木さんは「これまでで最長でした」と明かした。

前作に続いてヒロインの愛子を演じた清水さんは「1作目で、福田作品のふざけたことを真面目にやるということがどういうことか全くわかってなくて後悔していたし、もう呼んでもらえないと思ってました」と告白。監督が「(清水さんの)代わりに誰が演じると思ったの?」と聞かれると「広瀬すずちゃんとか…?」と素直に答えて会場は爆笑に包まれる。だからこそ、続投が決まり「月9ばりの気合を入れて演じました! 自分の中では『変態仮面』は月9!」と語り、客席からは称賛の拍手がわき起こった。

なお、前作はPG12の指定がついたが、今回は取り払われており、小学生が友だち同士で観に来られるようになっている。福田監督は「前回は、映倫から『“チンコ”が台本に多すぎる』と言われて“ティンコ”に変えたんですが、あまり変わんなかった(苦笑)。でも、今回はどうしても小学生に友だち同士で観てほしかったので、1回しか映画の中で使ってないし、しかも“ティンコ”! むしろ、ファミリー映画です。『仮面ライダー』を観る感覚で来てほしい」と熱く語った。

鈴木さんは「“HERO(ヒーロー)”という言葉は“H”と“ERO(エロ)”! 変態でエロを満たしている本物のヒーロー映画はこれです。我々こそ、本物のヒーロー。本物を見たければこれを観て!」と熱く呼びかけ、会場は再び拍手と歓声に包まれた。

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は公開中。

清水富美加、『変態仮面』は「自分の中では月9!」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top