「宅配受取ロッカー」、いよいよJRの首都圏100駅に設置スタート | RBB TODAY

「宅配受取ロッカー」、いよいよJRの首都圏100駅に設置スタート

IT・デジタル ソフトウェア・サービス

「宅配受取ロッカー」の外観イメージ
  • 「宅配受取ロッカー」の外観イメージ
  • 設置される「宅配受取ロッカー」の概要(JR東日本発表資料より)
  • 「はこぽす」の利用の流れ(日本郵便サイトより)
 ここ最近、コンビニや駅などに「宅配便の受け取りボックス」を設置する実験が行われていたが、いよいよ広範囲での実用化がスタートする。JR東日本は10日に、社長会見を実施。今後1年以内に、首都圏の100駅程度に「宅配受取ロッカー」の設置を進めると発表した。

 「宅配受取ロッカー」では、通勤・通学途上に、宅配便の荷物が受け取り可能になる。これにより、ユーザーの利便性が向上するとともに、物流コストやCO2削減も見込めるという。

 設置にあたっては、日本郵便とヤマト運輸が連携。それぞれのタイプの「宅配受取ロッカー」が設置される。日本郵便タイプでは、日本郵便「ゆうパック」とネットスーパー等の専用便、ヤマト運輸タイプでは、ヤマト運輸「宅急便」、他の宅配会社の取扱荷物が受け取り可能となる。

 JR東日本は、6月頃より、山手線、京浜東北線、東海道線、中央線、埼京線、総武線などの首都圏各駅にて設置を始める予定。具体的な候補駅としては、池袋、川口、蕨、大井町、鶴見、藤沢、平塚、豊田、下総中山、幕張、東所沢などがあがっている。
《赤坂薫》

編集部のおすすめ記事

特集

page top