au夏モデルに「Xperia X Performance」登場! 他キャリアに先駆け発表 | RBB TODAY

au夏モデルに「Xperia X Performance」登場! 他キャリアに先駆け発表

IT・デジタル モバイル

Xperia X Performance
  • Xperia X Performance
  • Xperia X Performance
 KDDI・沖縄セルラーは10日、6月中旬以降に「Xperia X Performance SOV33」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発売することを発表した。

 Android 6.0を搭載する端末で、メタルの高級感に持ちやすさを兼ね備えたデザインを採用。「Xperia Z5」の2倍以上の画素数を誇る1,320万画素フロントカメラを搭載、Xperia Z5と比較してCPUは約2倍、GPUは約1.4倍の処理速度を実現した。バッテリーが長持ちする新技術も盛り込まれた。KDDI、沖縄セルラーでは、他キャリアに先駆けて同端末の取り扱いを発表。なお、グローバルではMWC 2016で発表されている。

 「Xperia X Performance」では、カメラキーの長押し起動からオートフォーカス、撮影までXperia史上最速の0.6秒で撮影可能。ソニーのデジタル一眼カメラαのオートフォーカス技術を応用した「先読みオートフォーカス機能」を搭載しており、被写体の動きを予測することで、正確に被写体を捉えブレのない映像の撮影を可能にするほか、「Xperia Z5」の2倍以上の画素数を誇る約1,320万画素のサブカメラを搭載した。

 またソニーのバッテリー技術に加え、Qnovo社の開発するバッテリー制御技術を世界で初めてスマートフォンに導入。バッテリーの状態に応じて最適な充電を行うことで、最大2倍の長寿命化を実現した。2年経ってもバッテリーの劣化を気にせず、快適に使えるという。

 au公式アクセサリー「au +1 collection」からは、カバーを閉じたままXperiaの操作が可能なフルウィンドウ付きスタイルカバーや、ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go SRS-HG1を用意する。

 「Xperia X Performance」は5月11日より、au SHINJUKU (東京・新宿)、au NAGOYA(名古屋・栄)、au OSAKA (大阪・梅田)、au FUKUOKA (福岡・天神) 、au HAKATA(福岡・博多)にて、5月13日以降は全国のauショップにて展示される予定。

 主な仕様は、以下の通り。ディスプレイには、約5.0インチのトリルミナス ディスプレイ for Mobile/FHDを搭載。サイズは約71(W)x144(H)x8.6(D)mm、重量は約165g。メインカメラは約2,300万画素、サブカメラは約1,320万画素となっている。メモリは約32GB(ROM)/約3GB(RAM)。電池容量は2,570mAh。カラーはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色で展開する。
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top