超万能!iPhoneを本格カメラキットに変身させるケース | RBB TODAY

超万能!iPhoneを本格カメラキットに変身させるケース

IT・デジタル モバイル

「Helium Core」
  • 「Helium Core」
  • 「Helium Core」
  • 「Helium Core」
  • 「Helium Core」
  • 「Helium Core」
  • 「Helium Core」
  • 「Helium Core」
  • 「Helium Core」
 最近では、「iPhone」と「Photography」をあわせて、「iPhoneography」という造語が生まれるくらい、iPhoneでの撮影をアシストしてくれるアクセサリが増えてきた。だが、それらを同時に複数個付けることは、構造上なかなか難しい。仮に可能だとしても、アクセサリを同一のシリーズで揃えなくてはならないなどの縛りが出てくる。クラウドファンディングKickStarterに登場した「Helium Core」はこうした問題を解決してくれるiPhoneケースだ。

 まずは形状や特性を見てほしい。「Helium Core」には、本体上部や側面に、複数の穴があけられている。この穴は、ストラップや三脚、マイク、スピーカーなどのアクセサリを装着するために利用できる。またiPhoneのカメラ部分に設けられた大きめの穴は、直径37ミリまでのレンズに対応しており、一眼レフ並みの撮影も不可能ではない。

 iPhoneの基本性能を損ねないよう、しっかりとイヤホンジャックやLightningコネクタの穴もあいている。音楽を聞きたい時や充電をしたい時、いちいち「Helium Core」を外す必要はない。

 普段のiPhoneケースとして使用するにはやや大きいような気がするかもしれないが、この大きさがあるおかげで、撮影の際のグリップが安定しそうだ。これまで「Helium Core」のことをiPhoneケースと称してきたが、「iPhoneを本格的な撮影用具に変身させるキット」と書いた方が、多くのユーザーのニーズに当てはまるかもしれない。

 そんな「Helium Core」だが、現在KickStartarにおいて資金調達中で、本稿執筆時点において、およそ9割の資金を調達し終えている。商品化は時間の問題だろう。なお、「Helium Core」の価格はiPhone6/6s用が108ドル、iPhone6 Plus/6s Plus用が119ドルとなっているが、いずれも残数わずかとなっている。

《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top