震度6強でも荷崩れしない!倉庫用免震システム | RBB TODAY

震度6強でも荷崩れしない!倉庫用免震システム

IT・デジタル その他

振動台を使った実験結果。左が非免震システムで、右が免震システム。震度6強の揺れでも倉庫の荷崩れを起こさない(画像はプレスリリースより)
  • 振動台を使った実験結果。左が非免震システムで、右が免震システム。震度6強の揺れでも倉庫の荷崩れを起こさない(画像はプレスリリースより)
  • 根元の基盤部に免震装置を導入する本システムを追加したことで、同社の自動ラック倉庫向けシステムは中小地震から大地震までの全てに対応可能となった(画像はプレスリリースより)
 大成建設は、ローコストな免震システム「TASSラック-免震」を開発したことを発表した。地震発生時に自動ラック倉庫の積荷の荷崩れを防ぐことができる。

 同社はラック最上段に制震装置を設置して揺れを軽減する制震システム「TASSラック-制震」を展開しているが、震度6強以上の地震ではすべての積荷の荷崩れ落下を防ぐことができないことがあった。

 「TASSラック-免震」はラック柱脚根元の基盤部に、揺れを低減する粘性ダンパーと転がり支承、水平バネを適切に組み合わせることで、非免震の状態に比べて揺れを1/3~1/2に低減し、震度6強以上の地震でも荷崩れを防止する。

 倉庫全体ではなく自動ラック部分だけを免震化するため、同社は比較的安価なコストで荷崩れ対策を実施できるとしている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top