南京錠型スマートロックが突然のサービス終了へ | RBB TODAY

南京錠型スマートロックが突然のサービス終了へ

IT・デジタル セキュリティ

「246Padlock」は南京錠の形態や機能を模したスマートロック。6月30日のサービス終了以降は解錠できなくなるため注意が必要(画像は公式Webサイトより)
  • 「246Padlock」は南京錠の形態や機能を模したスマートロック。6月30日のサービス終了以降は解錠できなくなるため注意が必要(画像は公式Webサイトより)
 電通ブルーは、スマートフォンで鍵の開閉を行う南京錠型スマートロック「246Padlock(ニーヨンロック パドロック)」のサービスを6月30日をもって終了することを発表した・

 「246Padlock」は、スマートフォンにインストールした専用アプリ「246アプリ」で施錠・解錠操作を行う南京錠型のスマートロックで、2015年3月に正式販売を開始していた。

 6月30日23時59分を過ぎると「246Padlock」を開錠することができなくなるため注意を呼びかけている。またApp Store及びGoogle Playで提供している専用アプリ「246アプリ」も同日付でダウンロードを終了する。

 サービス終了に伴い、希望するユーザーには「246Padlock」本体の回収と合わせて本体代金相当額の11,066円(税込価格)を返金する。返金の実施期間は2016年4月27日~2017年4月26日の1年間。回収事務局へ電話または回収受付専用ページから申込みを受け付けている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top