公道走行・スマホ充電もOK! 家電ベンチャーUPQの電動バイク | RBB TODAY

公道走行・スマホ充電もOK! 家電ベンチャーUPQの電動バイク

IT・デジタル ハードウェア

UPQは21日、折りたたみ可能な小型・軽量の電動バイク「UPQ BIKE me01」を発表。同社代表の中澤優子氏自らが乗車して紹介
  • UPQは21日、折りたたみ可能な小型・軽量の電動バイク「UPQ BIKE me01」を発表。同社代表の中澤優子氏自らが乗車して紹介
  • 記者説明会に登壇したUPQ 代表の中澤優子氏
  • UPQ BIKE me01のサイズは約1220×610×985mm(ミラーを含まず)、総重量は約18kg
  • 速度は4段階シフトチェンジにより調整できる
  • 電動バイク「UPQ BIKE me01」
  • 電動バイク「UPQ BIKE me01」
  • 運転中は足をかける
  • 電動バイク「UPQ BIKE me01」
 UPQは21日、折りたたみ可能な小型・軽量の電動バイク「UPQ BIKE me01」を発表した。日本の法規における車両区分は「原動機付自転車」、公道を走ることができる。メーカー希望小売価格は税抜127,000円で、発売は今夏を予定している。同日、都内ではプレス向けに記者説明会が行われた。

■UPQ初の電動バイクUPQ BIKE

 ライフスタイル家電・家具ブランドを手がけるベンチャー・UPQが電動バイクを提供するのは今回が初めて。UPQ BIKE me01のサイズは約1220×610×985mm(ミラーを含まず)、総重量は約18kgとなっている。リチウムイオンバッテリーにより、約3.5時間の充電で約35km走行できる。UPQでは日常の”チョイ乗り”のほか、どのような利用シーンを想定しているのだろうか。記者説明会に登壇した同社 代表の中澤優子氏は「車のトランクなどにも収納できる。旅先、キャンプ地での移動手段として使ってもおもしろい」とアピールしていた。

 ちなみに空の状態からフル充電した場合、かかる電気代は約9円。速度は4段階シフトチェンジにより調整できる。耐荷重は最大で125kgを想定。カラーバリエーションはネイビー&レッドの1色で展開する。ユニークな特徴としては、USBポートを1基備えており、運転しながらアクションスポーツカメラやスマートフォンなどに給電できる。また3m圏内に近づくとキーが解除され、離れるとロックされるなどの機能が利用できる。

 UPQ BIKE me01の発売にともない、オプション品としてスペアの純正バッテリー「UPQ BIKE me01純正バッテリー LB01」を税抜34,500円で、「UPQ BIKE me01純正バッテリーme01-AC1」を税抜16,800円で用意する。

■4K動画が撮れるQ-camera WPX2も発売

 このほかUPQでは4K動画撮影、10mの本体防水に対応したアクションスポーツカメラ「Q-camera WPX2」を税抜16,500円で発売する。背面に2.0インチTFTLCD(960×240ドット)のモニターを搭載した製品。ホールド強化型の自転車・バイクマウントを使用すればUPQ BIKE me01にも装着可能だという。

■なぜバイクを?

 記者説明会の最後に質疑応答の時間が設けられ、代表の中澤氏が記者団の質問に回答した。

--- なぜ、バイクを手がけるのか。

中澤氏「電気の通ったモノならチャレンジするに値する、と考えている。電気で充電できる製品と言うと普通はスマホやカメラをイメージするが、今後はバイクも電気で充電するのが当たり前になる時代が来る。UPQは家電ベンチャーとして、カテゴリーの枠にとらわれずに電気を使う製品全般にチャレンジしていきたい」

--- 開発までに苦労した点は。

中澤氏「人が乗り移動する製品。乗り方によっては事故にも繋がるので、安全面を最重要視した。例えば充電がなくなったとき、アラームを鳴らすと運転者が混乱してしまう。そこで段々とスピードを落とすなどの仕様を採用した。開発に際しては、他社製品を購入して体験するなどして、試行錯誤していった」
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top