ワイヤーロック対応で盗まれにくい自転車用空気入れ | RBB TODAY

ワイヤーロック対応で盗まれにくい自転車用空気入れ

IT・デジタル セキュリティ
ワイヤーロックを通せる形状のため、盗難の心配がなく駐輪場やガレージの柱など、さまざまな場所に据え置きすることができる(画像は公式Webサイトより)
  • ワイヤーロックを通せる形状のため、盗難の心配がなく駐輪場やガレージの柱など、さまざまな場所に据え置きすることができる(画像は公式Webサイトより)
  • ワイヤーロックは別売となるが、従来品では難しかった空気入れの盗難防止対策ができるのは魅力。希望小売価格は税別で1,760円(画像は公式Webサイトより)
  • 通常の空気入れ(右)と同製品の違い。ワイヤーロックに対応した上下のループホールが最大の特徴となる(画像は公式Webサイトより)
  • 仏式(フレンチバルブ)、米式(アメリカンバルブ)、英式(イングリッシュバルブ)に対応。ロード・クロスバイクのほかママチャリでも使用できる(画像は公式Webサイトより)
 ビーズは12日、同社の自転車ブランド「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」より、ちょとした“工夫”をプラスした自転車用空気入れ「能率ポンプ」を発売した。

 最大の特徴は、ハンドルやフットホールドが半円形のループ形状になっており、ワイヤーロックを使って、電柱などの柱に固定して盗難防止ができる点。

 自宅やマンションなどの集合住宅において、屋外のガレージや駐輪場などに空気入れを保管することができ、出かける直前にタイヤの空気が抜けていることに気付いた時などのタイムロスを削減できる。

 保管時に邪魔にならないように、同社の従来製品「フロアポンプ DAP060-BK」と比べ、高さは約20%減の50cm、重さも約45%減の452gとコンパクトかつ軽量になっている。

 仏式・米式・英式の各バルブに対応しており、ロードバイクやクロスバイクのほか、いわゆるママチャリでも使用可能だ。希望小売価格は税別で1,760円。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top