森田剛、思わず目を覆いたくなるような | RBB TODAY

森田剛、思わず目を覆いたくなるような

エンタメ 映画・ドラマ

『ヒメノア~ル』 - (C) 「ヒメノア~ル」製作委員会
  • 『ヒメノア~ル』 - (C) 「ヒメノア~ル」製作委員会
  • 『ヒメノア~ル』 - (C) 「ヒメノア~ル」製作委員会
  • 『ヒメノア~ル』 - (C) 「ヒメノア~ル」製作委員会
  • 『ヒメアノ~ル』 - (C) 古谷実・講談社/2016「ヒメアノ~ル」製作委員会 (C) 古谷実/講談社
その過激な内容から実写化不可能といわれていた古谷実の衝撃作を映画化した『ヒメアノ~ル』。「V6」の森田剛が映画初主演にして“最狂”の殺人鬼役を演じ、【R15+】指定を受けたことでさらなる注目を集めた本作の、日常と狂気が交錯するスリリングな予告編がついに解禁となった。

平凡な毎日に焦りを感じているお人好しな青年・岡田(濱田岳)。ある日、職場の先輩である安藤(ムロツヨシ)に、カフェ店員・ユカ(佐津川愛美)との仲を取り持つよう頼まれた彼は、ユカが働くカフェで高校時代の同級生・森田(森田剛)と再会する。しかし、ユカと距離を縮めた岡田は彼女の口から、「森田らしき人物からストーキングをされている」と知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていた…。

世の不条理、屈折した感情、恋愛、友情、ポップなギャグなど、古谷作品が持つ独特な要素を含みながら、過激な内容にファンのあいだで物議を醸していた原作に引けを取らない、過激な描写が盛り込まれた本作。今回解禁された予告編は、本編に基づいた異例の二部構成となっており、その前評判から覚悟して映像を見始めると、思わず拍子抜け!? 濱田さん演じる岡田と、佐津川さん演じるユカ、ムロさん演じる安藤のコミカルな三角関係による、コメディー調のラブストーリーが繰り広げられる。

ところが、後半ではトーンが一転、殺人鬼・森田が登場するや、狂気と過激な暴力が手持ちカメラの映像により圧倒的なリアリティをもって描かれる、という真逆の世界観が展開される。穏やかな口調とは裏腹に、血まみれで思わず目を覆いたくなるような所業をやってのける森田さんの姿は圧巻の一言。蜷川幸雄、宮本亜門、いのうえひでのりなど、名だたる演出家の舞台への出演で磨かれた演技力を惜しみなく披露し、“最狂の殺人鬼”役を生々しく演じきっている。

吉田恵輔監督も「現場も編集も、まるで2本の作品を撮っているような感覚」と語るほどの振れ幅を感じさせる本作。日常と狂気が交錯する濃密なストーリーの緊迫感を、まずは予告編映像から体感してみて。

『ヒメアノ~ル』は5月28日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。

森田剛、“最狂”殺人鬼となって濱田岳を狙う!?『ヒメアノ~ル』

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top