金爆・喜矢武豊、孫悟空役で舞台主演! ありのままの自分で躍動 | RBB TODAY

金爆・喜矢武豊、孫悟空役で舞台主演! ありのままの自分で躍動

エンタメ その他

ゴールデンボンバー・喜矢武豊【写真:鶴見菜美子】
  • ゴールデンボンバー・喜矢武豊【写真:鶴見菜美子】
  • 舞台「GOKU」囲み会見【写真:鶴見菜美子】
  • 土屋佑壱【写真:鶴見菜美子】
  • 佐々木喜英【写真:鶴見菜美子】
  • ゴールデンボンバー・喜矢武豊【写真:鶴見菜美子】
  • 西岡徳馬【写真:鶴見菜美子】
  • みのすけ【写真:鶴見菜美子】
  • 月船さらら【写真:鶴見菜美子】
 ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの喜矢武豊が16日、都内で行われた主演舞台「GOKU」の公開リハーサル・囲み会見に出席。孫悟空役で2度目の主演舞台に挑む喜矢武は、自身の役者としての成長ぶりに自信をのぞかせた。

 本舞台は、誰もが知る「西遊記」を基に、漫画の神様・手塚治虫が作り上げた「ぼくの孫悟空」を原作とした奇想天外エンターテイメント。会見には、月船さらら、みのすけ、土屋佑壱、佐々木喜英、大沢逸美、西岡徳馬も出席した。

 喜矢武は「猿になり切ろうと、一ヵ月くらい日光猿軍団に入団しまして……」と冗談で笑いを誘うが、西岡は「どんどん猿になっていくよ!」と絶賛。みのすけも「本当に運動神経が良くて、舞台2回目なのに吸収力も早くて素晴らしい」と目を丸くする。月船も「ゴールデンボンバーの喜矢武豊さんだからこその悟空になっていると思います。そこに感化されて、みんなの面白いキャラクターが出来上がっています」と、喜矢武が座長として組を引っ張っていることを伝える。

 そんな称賛の嵐にご機嫌の喜矢武は、役作りについて言及。「最初、孫悟空とは何だろうと思い、とにかく元気なキャラになり切ろうと思った」と振り返る。ところが、みのすけから「このキャラはゴールデンボンバーの喜矢武でいいんじゃないかな。自分のキャラを出せばこの舞台が良くなるよ」と言われたそうで、そこから「普段のライブみたいに、ふざけて楽しむようにやっています」と、ありのままの自分で演じていることを告白。最近は、キャラクターの中に喜矢武が存在していると周囲から言われるようなったそうで、役者・喜矢武豊に手ごたえを感じている様子も見せた。

 「最初の稽古からアドリブがすごくて、みんな好き放題やっているから大丈夫かなと思った」と話す喜矢武は、「でも、それが良い個性になって、それぞれのキャラが面白く仕上がった」と自信満々。「何も知らない孫悟空が愛を知って変わってゆく姿」が見どころだそうで、「今年は申年なので、申年にちなんでゲン担ぎにでも観に来てほしい」とアピールした。

 舞台「GOKU」はAiiA2.5TheaterTokyoにて28日まで上演
《鶴見菜美子》

関連ニュース

特集

page top