阿部寛、「岡田准一くんになってみたい!」過酷撮影で見せた頼れる姿 | RBB TODAY

阿部寛、「岡田准一くんになってみたい!」過酷撮影で見せた頼れる姿

エンタメ 映画・ドラマ

阿部寛【写真:鶴見菜美子】
  • 阿部寛【写真:鶴見菜美子】
  • 尾野真千子【写真:鶴見菜美子】
  • 甲本雅裕【写真:鶴見菜美子】
  • 佐々木蔵之介【写真:鶴見菜美子】
  • ピエール瀧【写真:鶴見菜美子】
  • 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』完成披露試写会【写真:鶴見菜美子】
  • 尾野真千子、ピエール瀧【写真:鶴見菜美子】
  • 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』完成披露試写会【写真:鶴見菜美子】
 俳優の阿部寛が4日、都内で行われた映画『エヴェレスト 神々の山嶺』完成披露試写会に岡田准一と共に出席し、岡田への憧れを語った。

 本作は、夢枕獏の原作をもとに、山岳カメラマン・深町(岡田)と孤高の天才クライマー・羽生(阿部)が、命懸けで世界最高峰の頂きを目指す姿を描いたスペクタクル超大作。

 キャスト・スタッフは実際にエベレストに上り、呼吸さえ困難な標高5200mな場所で過酷な撮影を敢行。岡田が「熱い挑戦の大人の映画」と評すれば、阿部も「岡田くんに精神力だけでも負けないように、情熱がはち切れんばかりの熱い男を精いっぱいやらせていただきました」と自信を見せる。

 そんな二人は役柄同様に熱意があり、この日、撮影中に意地を張っていたことが、自らの暴露話によって明かされる。撮影場所は酸素が薄いため、現場では健康のバロメーターとして血中酸素濃度を測ることが日課とされたそうだが、岡田は「測る前にズルして、呼吸をいっぱい吸ってから…(笑)」とぶっちゃけると、「苦しいのに苦しくないフリをしてました」とカミングアウト。阿部も「岡田君が(数値が)90までいったと聞くと、僕は不屈のクライマー役なので後輩に負けられないという意識があって…」と、同じようにズルしたことを明かし、笑いを誘う。

 しかし、岡田がズルをしたのは、「高山病になったら(山から)下ろします」と言われたことで、「代わりもいないし、それまでには撮り切らなきゃいけない」と役者根性に火がついたから。そう語る岡田の背中を撮影中に見続けていた阿部は、「僕より15歳くらい下だけど、おぶさりたいくらい頼れる」と感心すると、「1日でもいいから岡田准一くんになってみたい!」と羨望の眼差しを向け、岡田を照れさせた。

 この日は、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、平山秀幸監督も出席し、撮影エピソードなどを楽し気に語った。

『エヴェレスト 神々の山嶺』は3月12日より全国公開
《鶴見菜美子》

関連ニュース

特集

page top