山間部の工事現場に映像監視&無線LANシステムを納入……日本電業工作 | RBB TODAY

山間部の工事現場に映像監視&無線LANシステムを納入……日本電業工作

エンタープライズ セキュリティ

北陽建設に納入された長距離無線LANシステム「FalconWAVE」のシステム構成図。自立電源や無線LANにより、電源や通信の確保が難しい山間部の現場にも対応する(画像はプレスリリースより)
  • 北陽建設に納入された長距離無線LANシステム「FalconWAVE」のシステム構成図。自立電源や無線LANにより、電源や通信の確保が難しい山間部の現場にも対応する(画像はプレスリリースより)
  • 「FalconWAVE2.4G」などを使った機器一例。同社では、導入先のニーズに沿って、監視カメラや自立電源、通信機能、照明などを組み合わせたセットを提供している(撮影:防犯システム取材班)
 日本電業工作は28日、長野県大町市の北陽建設に長距離無線LANシステム「FalconWAVE」を納入したことを発表した。山間部の工事現場において、監視カメラによる遠隔監視と広域Wi-Fiエリア化を可能にする同システムにより、作業効率と安全性の向上を目的としている。

 工事・建設現場などでは、作業員が不在時の資機材の盗難監視や、荒天時の現場確認などの必要性から、監視カメラによる映像監視のニーズは高い。

 一方で、工事中の現場では電源や通信の確保が難しいことが多く、特に山間部となるとより課題解決が難しいことがあった。

 今回の案件では、同社の自立電源を使用した「マルチカメラ監視mini」と「おくだけWi-Fi」を導入することで、本社から現場の映像をリアルタイムでの確認を可能にし、同時に山頂部を広域Wi-Fiエリア化することで、現場のICT活用を強化しているとのこと。

 同システムを導入した北陽建設では、これまで山間部の工事現場では、情報伝達手段が衛星電話しかなかったが、今回の導入に伴って、映像&画像による現場の進捗確認、荒天時の現場状況や安全の確認が可能になるという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top